体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告No.7】日本列島M化計画進行中! 『キヤノンEOS M10』

020

モノ・マガジンのデジカメ報告No.7

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス刊)好評デジカメ連載『写真家:織本知之のデジカメナウ』や『電子寫眞機戀愛(デンシシャシンキレンアイ)』を気まぐれに、順不同に、電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちにおくるラブレターでもある。

写真家:織本知之の電子写真機恋愛『キヤノン EOS M10』

機能満載、お値段お手頃、女子向け浸透圧高し、列島M化計画進行中。さらに簡単EOS M10。

長らく、レンズ交換式一眼レフカメラといえばクイックリターンミラーを備えた構造のカメラが主流でありました。ところが近年、そのミラーを持たないミラーレス構造のレンズ交換式カメラがカメラ市場を席巻しつつあります。あたりを見回せば、ときにミラーレスカメラのほうが大勢を占め、従来の一眼レフシステムのほうが少ないということもございます。

デジ一眼といえばキヤノン、キヤノンといえばデジ一眼なのは皆様もご存知と思いますが、そのキヤノンがデジ一眼のEOSシリーズにミラーレスモデルを投入し、このEOS Mも数えて4代目のM10が登場いたしました。

016

微妙絶妙パントーン。森ガール好み? のグレー。

004

男は黙ってサッポロ……じゃなくて、ブラック。

010

『悪魔が来たりて笛を吹く』に出てくる御令嬢みたいな、純潔ホワイト。

017

このEOS M10も主にコンデジ、スマホからのステップアップ女子や、新たにデジ一眼にエントリーするデジ一眼女子をターゲットに市場に投入された一台でありますが、じつはこのミラーレスEOSのもつポテンシャルは中々のモノがございます。女子だけではなく男子もぜひエンジョイミラーレスしていただきたい。臆することなく軽やかに、しかし、そこはかとなく剛毅にて朴訥、仁に近く使っていただきたい。そう念じておる次第でございます。

●貴女好みにどうぞ!

ブツカラバリ

EOS M10のボディカラーはホワイト、グレー、ブラックの三色から選べます。丸みを帯びたラインでありながら安定感とどこかアンティーク感が混在する優しい雰囲気のボディデザイン。その点を引き立てるようにボディカバーとなるフェイスジャケット(全7色/EH-28FJ/3780円)も展開中。「いや、そこまではワシとしては……」とはにかむ紳士におすすめなのは、一見控えめ、それでいて装着すれば個性全開のグリップ(2色/GR-E3/3780円)。ほしくない?

1 2次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。