体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名作ゲーム『ミサイルコマンド』はなぜ愛されるのか?ウェブゲームにも続くその伝統

1980年にATARIが発売した名作アーケードゲーム『ミサイルコマンド(Missile Command)』。敵ミサイルから都市を防衛するために、迎撃ミサイルで攻撃するという、冷戦時代を反映した内容のシューティングゲームでした(マンガ『ゲームセンターあらし』では、ホントに核戦争で使われていた)。トラックボールで照準を操作し、ボタンでミサイルを発射するという斬新な操作パネルを持ったきょう体は、ゲームセンターに足を運ぶ当時の少年たちに未来への夢を与えてくれました。

そして21世紀。筆者を含め、もはやオッサンになったあの日の少年たちは、今でも『ミサイルコマンド』に夢中になっています。昨年、ATARIから『iPhone/iPod Touch』用アプリケーションとしてリメイクされた本家『Missile Command』がリリースされ、ウェブゲームでも『ミサイルコマンド』にリスペクトを捧げた作品『SHEILD COMMAND』『MISSILE WARNING』がリリースされています。なぜこのゲームはここまで愛されているのでしょうか(写真をすべて見る)。

『iPhone/iPod Touch』用アプリ『Missile Command』は、グラフィックから操作系まで一新して、新しいゲームに生まれ変わっています。豪華なグラフィックも必見ですが、特筆すべきはその操作系。『iPhone/iPod Touch』のマルチタッチに対応しているので、画面をタップした個所に照準が合ってミサイルが発射されます。一度に複数個所にミサイルを撃って弾幕を張れるのは、オリジナルのファンにとってもうれしい機能ですね。もちろん、オリジナルのバージョンも収録しているので、昔を懐かしんで遊ぶこともできます。『iTunes Store』で600円で販売中です。

『SHEILD COMMAND』は、ミサイルではなくシールドを張って都市を守るアレンジのFlashゲーム。マウスで照準を操作し、クリックでシールドを張ります。パワーゲージがゼロになると張れなくなるので、ゲージの回復度合いを見ながら戦略的にシールドを設置するのが攻略のカギ。シールドは徐々に減衰し、中心にあるコアに被弾すると爆発します。誘爆して、せっかく張ったシールドが全部壊れてしまうこともあるので要注意です。マウス操作でコツコツとシールドを張っていく操作が小気味よく、一見地味ですが後を引く面白さがあります。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会