ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

怪しい演出の方向に! 癒しなのかホラーなのかわからない花瓶加湿器

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


非常に怪しい雰囲気の加湿器の紹介です。加湿器というと樹脂製の安い物から、ガラスや陶器を使った高級品まであります。多くは「おしゃれなインテリア」という感じです。
今回筆者がサンプル提供でもらった『Nilight ミニタイプ超音波USB 花瓶加湿器LED付き』は方向性が他の加湿器と違います。一言で言うと「怪しい」です。

映画みたいな地面を這うミストが再現されています

加湿器のミストは、アロマポットの煙や蒸気をイメージしたものが多いです。でも、本製品はどちらでもありません。いろいろな映画で登場する、地面を這うような煙という感じです。『E.T.』と言えば心が和みますけど、『エイリアン』っていうと怖いというあのイメージです。 
多くの似た商品では色を変化させることが出来ますが、本製品は出来ません。「手抜き?」ではなく、設計者が色を決めてしまえるほどコンセプトの芯がぶれていないということかもしれません(多分)。

「高級」「オシャレ」「かわいい」に飽きた人は「ちょっと怪しい」この加湿器を使ってみてください。USB電源で動きますので、パソコンやモバイルバッテリーなどで動作します。



少し怖いけど、慣れてくるとなんだか癒されそうです。


明るい場所でじっくりと見るとプラスチックな感じです。薄暗い部屋で使うと夢があります。


電源はMicroUSBです。


分解清掃が楽な三分割式です。加湿器を安心して使うには常にきれいにしておくことです。

Nilight ミニタイプ超音波USB 花瓶加湿器LED付き 商品レビュー専門 商品レビュー専門 YouTube
https://youtu.be/-TWArUS5O_s

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP