ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「明日から普通の人です」島田紳助の電撃引退の影響は? ヘキサゴンファミリーと数多くのレギュラー番組はどうなる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヘキサゴンIIのウェブサイト

吉本興業のタレント、島田紳助さんが本日深夜に引退会見をすると急遽発表。引退理由としては暴力団関係者との親密なやり取りが判明したこととされておりファクスやリリース文には「平成17年6月頃から平成19年6月頃までの間、暴力団関係者との間に一定の親密さを伺わせる携帯メールのやり取りを行っていた」と記載されている。

島田紳助さんと言えば数多くのレギュラー番組を持ち、更にはその番組内で有名アーティストをプロデュースするなど影響力は計り知れないものがある。そんな島田紳助さんが急に引退するとなったらその影響はどのようなものなのだろうか。

以下の羅列してみたのでご覧になってほしい。

レギュラー番組

・行列のできる法律相談所
・人生が変わる1分間の深イイ話
・クイズ!紳助くん
・紳助社長のプロデュース大作戦!
・開運!なんでも鑑定団
・クイズ!ヘキサゴンII
・オールスター感謝祭
・THE MANZAI

以上のように司会を数多く務めている。

書籍

・島田紳助100の言葉
・自己プロデュース力
・ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
・株・不動産 知識ゼロからの金儲け―国家破産時代の暮らしの経済学
・島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック

など数々の書籍を発売している島田紳助さん。中にはベストセラーとなった書籍もあり今回の引退騒動で更に売れ行きを伸ばす物も出てくるだろう。

アーティスト

・羞恥心
・新選組リアン

カシアス島田名義でプロデュースした羞恥心は大ヒット。続いて新選組リアンもプロデュース。これらはヘキサゴンファミリーと呼ばれている。しかしそれらの活動も今後行えなくなる。

CM

・三浦工業「ボイラ」
・中央出版
・リーブ21
・大塚食品「マンナンヒカリ」

島田紳助さんは冠番組にて自身がコマーシャルに出演するケースがある。三浦のボイラがその代表例で、鼻から水蒸気を出す映像は誰もが見たことあるはずだ。このコマーシャルは島田紳助さんが司会を務めている『行列のできる法律相談所』にて見ることができる。

人物

・勝谷誠彦さんの女性マネージャー
・東京03

勝谷誠彦さんの女性マネージャーへの暴行事件、そして番組中の東京03に対する脅しのような対応。むしろ勝谷誠彦さんの女性マネージャーと東京03は今回の件を知ってどう感じているのだろう。

その他

・カンボジア学校建設プロジェクト

『行列のできる法律相談所』にて行われたカンボジアに学校を作るプロジェクト。この学校は今後どうなってしまうのだろうか。

またレギュラー番組はそのまま終了を迎えるのか、代わりの司会を起用するのか。このあたりはまだ定まっていないだろう。6本もレギュラー番組を持っていながら急に引退宣言し事務所側もそれを認めるというのは尋常じゃ無い幕引きだと言える。明日からは一般人として過ごすと本人は言っているが、暫く周辺は落ち着かない日々を送りそうだ。この電撃引退は今後も尾を引きそうだ。

※画像はヘキサゴンⅡのウェブサイトより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。