ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

℃-ute/モーニング娘。’16/アンジュルム/Juice=Juice/カンガル/こぶし/つばき……進化の一途辿るハロプロの2016年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ℃-ute、モーニング娘。’16、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、ハロプロ研修生の総勢64名による新年コンサートツアー【Hello! Project 2016 WINTER ~DANCING! SINGING! EXCITING!~】が新春より開催され、大きな注目を集めている。

Hello! Project キュートなライブ写真一覧

<ハロプロにとって進化は使命であると、改めて痛感させる公演>

 カントリー・ガールズ新メンバー加入、アンジュルム新メンバー加入、福田花音の卒業、田村芽実の卒業発表、こぶしファクトリーのレコ大最優秀新人賞受賞、モーニング娘。鞘師里保の卒業等、大晦日に至るまで話題に事欠くことのなかった2015年のハロー!プロジェクト。そんな激動のシーズンを経て各グループがどんなアクトを見せてくれるのか。今後のハロプロはどうなっていくのか。世界中のアイドルフリークが注目する中で開催された【Hello! Project 2016 WINTER】だが、その内容はこちらの想像を上回る、変化に伴う不安をメンバー自らが吹き飛ばす、彼女たちにとって進化していくことは使命であることを改めて痛感させる強烈なものだった。

<たった2日前に鞘師里保が卒業した地・中野サンプラザで開幕>

 同公演は、1月2日の中野サンプラザ、2日前にモーニング娘。のエースであった鞘師里保が卒業した地で開幕した。弱冠17歳で旅立ちを決断した鞘師は、モーニング娘。最後の日に「私はライブが本当に大好きです。私が唯一自分の心をさらけ出せる場所です」と語った上で、後輩である12期の4人に「ハロー!プロジェクトには4人と同期のメンバーがたくさんいます。そんなライバルたちと切磋琢磨して成長する12期。いつか先輩となってモーニング娘。を引っ張っていく12期も見たいです」と、10期11期の5人には「頼りない私を今までサポートしてくれてありがとう。9期に遠慮せずもっともっとガツガツ前に出て、これからのモーニング娘。を引っ張って行って下さい」と、同期である9期の4人には「4人でいるときの距離感が本当に心地良かった。これからも3人でちゃんとみんなをまとめていってね」と告げ、新たな夢に向かって旅立っていった。

<モーニング娘。’16の覚悟 失った切なさすらも力に換えるダンス>

 その2日後、彼女の言葉がまだ生々しく胸に響いていたであろうモーニング娘。’16の面々は、各所で囁かれる「エース不在」という言葉など一瞬で吹き飛ばしてみせた。どの楽曲においても(同公演は2月20日まで各所で開催されるゆえ曲名は割愛)、まるで誰もがエースのような気概をその表情やパフォーマンスから感じさせ、例えば、長きにわたって鞘師里保の背中を追いかけ、果敢にダンスバトルに挑んでいた石田亜佑美は、対となる存在を失った切なさすらも力に換えるようなダンス。エモーションの限りを尽くすパフォーマンスで観る者の涙を誘っていた。ダンスを苦手としていた飯窪春菜もそう。今のモーニング娘。のアイデンティティとも言えるフォーメーションダンスを「鞘師が卒業したから劣化した」と言わせんばかりに必死に舞い続ける。誰かが卒業する度に不安視されてきたモーニング娘。だが、それに進化という形で応えていく覚悟はモーニング娘。’16全員の中にしっかりとある。

<アンジュルムの強さ。田村芽実含む9人が満面の笑みで走り回る姿>

 それはアンジュルムにも言えた。福田花音というスマイレージ結成当時からのオリジナルメンバーが卒業し、それから1か月足らずで田村芽実も卒業発表。こちらも不安視されて当然の状況ではあった。が、2015年は「大器晩成」「臥薪嘗胆」など自分たちのアイドル人生を描いたようなキラーチューンを連発し、その先に「ドンデンガエシ」、そして福田花音の卒業公演で【百花繚乱】を体現するという、ハロー!プロジェクト……いや、アイドル全体の歴史で見ても五指に入るであろう大逆転劇を完成させてみせたアンジュルムである。今の状況に対してもリーダーの和田彩花は「もう何が起こるか分からない状況を今年も楽しみたい!」と笑っていたし、何よりこの日のパフォーマンスがポジティブな力に満ち満ちていており、どの曲も爆発力が凄まじかった。田村芽実含む9人が満面の笑みで走り回る姿。この強さを前にしたらこちらも「楽しみたい!」としか思えない。今のアンジュルムは観ないと損である。

<Juice=Juice 一気に頂点へ登り詰めんばかりの大胆不敵さ>

 強いと言えば、Juice=Juiceの5人も凄かった。現在遂行中のワンマンライブ220公演完遂ミッションのあまりのタイトさに、5人揃ってステージに立てない公演もあるほど満身創痍になりながらも、立ち止まることなく走り続けている彼女たちは、そのツラく厳しい戦いを更なる進化へとしっかり昇華していた。2月6日からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『武道館』で初主演を務める5人だが、その劇中アイドルグループ NEXT YOUとしてのステージも完全に役に入りきった形で披露。そして昨年多数出演した各アイドルイベントで「格が違いすぎる」と観客や共演者を震わせてきたJuice=Juiceとしてのパフォーマンスは、前述の強烈なライブを誇る先輩グループさえも脅かすであろうレベルへ。一気に頂点へ登り詰めんばかりの大胆不敵さで大いに驚かせてくれた。高木紗友希の圧倒的な歌声も更に技術力を増し、それに比例するように可愛さも増し増しと、このグループの進化にも上限はないようだ。

<カンガル、こぶし、つばき……まだまだ存在する2016年主役候補>

 と、どれもこれも「2016年アイドルシーン最注目株」と思わせる現在開催中のハロコンだが、主役候補たちはまだまだ存在する。初日の開演前に行われたメディアによる囲み取材、そしてライブ本番でのMCで誰より目立っていたももちこと嗣永桃子率いるカントリー・ガールズ。新メンバーの梁川奈々美や船木結をイジりながら、記者やファンの関心をマイワールドに引き込んでいく力は思わず笑ってしまうほど凄まじかった。また、ブギーな新曲で新境地へと踏み込んだことで証明した終わらないフレッシュさは、アイドルとしてこの上ない武器として評価されるはずだ。そして、Berryz工房の精神を継承するこぶしファクトリーとつばきファクトリー。日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞したこぶしは、その自信を晴れ晴れとした気持ちにさせるほどの躍動感、お祭りモード全開のステージングに昇華。つばきもお披露目時とは比較にならないほど垢抜けており、その中にはハロプロのど真ん中を担う予感までさせるメンバーもいた。

<℃-ute 全ハロプロメンバーの想いを代弁するかのようなアクト>

 そんな過去・現在・未来を繋ぐ大河ドラマ『ハロー!プロジェクト』。そこで繰り広げられる各グループ/各メンバーの物語をてっぺんでリードしながら、同時に縁の下でも支えるという離れ業をやってのけている℃-ute。パフォーマンスもビジュアルも今やアイドルの概念さえも壊しかねない美しさを誇る彼女たちだが、今回のハロコンではそのライブでもってハロー!プロジェクト全体をまとめ上げる気概を感じさせる局面があり、めちゃくちゃ笑って騒いでハッピーなシーンであるにも関わらず、思わず泣かされてしまった。理由は5人が強かったから。明確には強く在ろうとしている意思が感じ取れたから。いくらキャリアが長い5人組とは言え、まだまだ自分のグループのことで精一杯であろう若い女の子たちが、先輩とは常に後輩の憧れであり、超えたい壁でなくてはならない。その対象としてステージに立ちながら、拳を振り上げ、走り続ける姿は眩いほど美しく、逞しく、すべてのハロプロメンバーの想いを代弁しているようでもあった。

<ハロー!プロジェクトの2016年>

 アイドルを取材するようになって久しいが、その多くはハロー!プロジェクトへの憧れを公言し、いつか辿り着きたい形として指針とするようになった。ハロー!プロジェクトの看板を背負った彼女たちが輝き続け、進化し続けようとする姿は、今やアイドルシーン全体における希望と言っても過言ではないだろう。そこに生じるプレッシャーとも高いながら、これからも多くの出逢いと別れを経験しながら、笑って、泣いて、怒って、ぶっ倒れて、その度に立ち上がって、そしてまた我々の前で笑顔を輝かせる。そんなハロー!プロジェクト全メンバーの生き様に、2016年も大いに注目してもらいたい。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada

関連記事リンク(外部サイト)

モーニング娘。鞘師里保卒業インタビュー「モーニング娘。の鞘師里保を超えていく為の卒業。17歳の決断、終わりなき空へ」
鞘師里保 モーニング娘。最後の単独公演で見せた素顔 泣いて笑って「わーい! すごい! ひとり占めだぁ~!」
アンジュルム田村芽実 来春卒業「ミュージカル女優になる夢も叶えたい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP