体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「経産省解体論」古賀茂明氏を次官に――緊急対談 高橋洋一×岸博幸

岸博幸×高橋洋一

「原発」「インサイダー」「やらせ」 の責任をとらず、パフォーマンスでお茶を濁す経産省

……8月4日朝、海江田経産大臣が発表した経産省首脳の更迭人事。実はそこで「更迭」を告げられた人達は、今年の夏にはもともと人事異動が予定されていてもおかしくない人達だった。その後4日夕には後任人事も発表されたがその中身は「順送り」であったようだ。

岸博幸さん(@hiroyukikishi)のツイートより:
松永経産次官の後任は経済産業政策局長に決定。これって完全な順送り人事じゃん。資エ庁長官や保安院長の後任も同様。これのどこが更迭なんだ。大臣の政治主導であるかのように今朝発表してるけど、官僚主導の順送り人事であることは明白。経産官僚に取り込まれた海江田大臣は情けない。

海江田大臣は「人事権者は私」であるとして、政治主導であるように見せかけたが、その内容はこれまたもともと予定されていた通常の「順送り人事」と変わりはなかったようだ。結局、新しい風は吹かず、海江田大臣の演出に終始したとも言える今回の人事騒動。経産省は「原発事故」「インサイダー」「やらせ」などの問題の責任はとらずに、このようなパフォーマンスでお茶を濁すつもりだろうか。高橋洋一氏(元財務官僚)と岸博幸氏(元経産官僚)に、引き続き語っていただく。

経済産業省はどうなるのか

●参加者
高橋洋一氏(元財務官僚、経済学者、嘉悦大学教授)
岸博幸氏(元経産官僚、慶應義塾大学大学院教授)

良い人には「出て行け」と言い、悪い人が居残る組織

岸:僕は経産省って小泉政権の頃からおかしくなったと思ってるんですよ。経済財政諮問会議ってあったじゃないですか。そこがそれまで経産省がやってきた霞が関のシンクタンクとかブレーン的な仕事を全部とっちゃった。そして賢い財務省は諮問会議を取り込もうとしたんですよ。なのに経産省は諮問会議にそっぽを向いて、そのまま小泉政権の真ん中から距離を置いちゃった。不良債権処理や産業再生機構の件では抵抗もし、その延長で、杉山さんが次官になったんです。

そして竹中平蔵嫌い、諮問会議嫌い、とやったもんだからその杉山次官の頃から決定的に悪くなった。その流れをくむのが今の次官の松永さん。その松永さんは原子力安全・保安院の院長時代に、今回の問題となった「津波の高さの想定」の中味を決めた責任者だから、いろんな面で罪が重いんですよね。

高橋:そういう人がよく古賀茂明さんに退職勧奨とか言うよね。先日、TVタックルでも言ったんだけど、良いことしてる人に「出て行け」って言って、悪いことしている人が居残る、ってそういうシステムなんだよなぁ。

岸:古賀さんの業績を考えれば明らかにおかしいですね。退職をすすめるなんて、ありえない。

高橋:「津波の基準を低くしてすみません」って、自分が辞めるのが普通なんじゃないの? それが普通の社会の話でしょう? だってその時、きちんと津波の基準を高くしていれば、あの事故は起きなかったかもしれない。

岸:耐震設計基準の15ページの中で、津波に関しては数行しか書いてなくて、しかも東電が勝手に決めた5.7メートルっていうのを、そのまま入れてますから、今回の被害を大きくした原因にもなっている。本来、松永さんには凄い責任があるはず。

高橋:いろんな人が予見していた部分があるから、今回の事故は天災ではなくて人災なんだよ。

岸:それに関する質問に対しても、無視に近い否定でしたね。加えて言えば、今、メディアを賑わしている保安院による「やらせ」の問題のようなものも、松永さんが保安院にいるときからあった可能性があります。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。