体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーの聖地と言われる神保町の欧風カレーを食す @『Bondy』(ボンディ)神保町 

bondy-beef020_R

もはやカレーが止まらない! ということで、カレーの鬼と化した筆者がターゲットに選んだのは”カレーの聖地”とまで呼ばれている本の街

「神保町」

で御座います。まあ、せっかく都内に進出するんだし、どうせだったらソレっぽい地域から回ればいいじゃない的な、投げやり感は否めません。

欧風カレーと言えば神保町『Bondy』でキマリ!

bondy-beef002_R

カレーと言えば神保町、神保町と言えば”欧風カレー”で御座います。

「欧風カレーってなんなん?」

みたいな知識ゼロの筆者ですが、どうやらこの神保町は欧風カレーが幅を利かせている模様……。なので記事的には欧風カレー1択となるわけですが、正直言って筆者の不安は半端ありません。

とはいえ、とりあえず『Bondy』(以下ボンディ)は神保町でも人気の店なので、スタート地点にこの店を選んだのは間違いではないでしょう。

とりあえず地下から地上に出て『ボンディ』目指して歩きます。

bondy-beef000_R

するとどうでしょう?

途中で『神房』なるステーキの店を発見! なんとなく美味しそうなオーラを感じた筆者はメニュー表を見てみました。

bondy-beef001_R

「ボンディのカレーを使っているだ…と?」

「うちはカレー自体は作ってないよ」みたいな告白も衝撃ですが、あえて『ボンディ』のカレーソースを使っているとアピールしていると言う事は、もしかして『ボンディ』のカレーと言うか店名には、ある程度のネームバリューがあると言う事の裏付けになるかと存じます。

と、言うのは孔明の罠で、普通に『ボンディ』の系列店かもですね。少々お高いものの、どのカレーも魅力的なので機会をみて訪れようと思った筆者です。

bondy-beef016_R

店の入り口も不安をかき立てる要素盛りだくさんで、謎のビルの怪しい階段を上がって2階にインみたいな、ちょっと隠れ家的な所在地に驚きです。

本当にこのロケーションで人気が出るのでしょうか?

ちょっとセレブな欧風カレーの『ボンディ』

bondy-beef017_R

やはり『ボンディ』に訪れたなら、最初の一皿は『ビーフカレー』(1480円)が記事的にも常識的にもカレーマニア的にも正解な予感ですが、この

『ビーフカレー』(1480円)

と言う価格設定は田舎者の筆者にとっては、それなりの覚悟が必要かと存じます。

「神保町で働く人々は、そこそこ収入があるのかしら?」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。