体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

静かなる衝撃! 新型『プリウス』驚異の走行性能を静かすぎる試乗会で体感

1

“ハイブリッド車”の先駆けとして時代を切り開いた『プリウス』が、この度4代目となるフルモデルチェンジを経て、装いも新たに進化しました。気になる燃費は、「40.8km/リットル (JC08モード) 」という驚異的な数値で、世界最高の低燃費を記録しています。

ちなみに“ハイブリッド車”とは、一般的なガソリンエンジンに、電気で動くモーターを合体 (ハイブリッド) させたもの。超低燃費であることに加え環境性能にも優れていることから、レオナルド・ディカプリオなどのハリウッドスターがレッドカーペットに登場する際に『プリウス』を使用したこともよく知られています。

2代目までの比較的落ち着いた雰囲気に比べ、シャープさの増した3代目は少しやんちゃな雰囲気となっていましたが、4代目の『プリウス』はさらにシャープさが増しています。大型化された“つり目”型のヘッドライトが印象的ですが、今回の『プリウス』が初導入となる、トヨタのクルマづくりの構造改革『TNGA (Toyota New Global Architecture)』により、全高が約20mm短縮されたことも相まって、全体的な雰囲気をさらに引き締めています。

2

フロントに負けていないくらいシャープに進化したのがテールランプです。「X」の字を左右に分割させたような形となっており、トヨタらしさを残しつつも個性が光ります。

3 4

全高が低くなっているとはいえ、内装は意外なほどに広々としています。配色やデザインは、外装よりも前衛的です。座り心地もなかなかのものでしたよ。個人的なツボに刺さったのは、シフトノブがさりげない配置に変更されたところ。「シフトチェンジなんてほとんどしないのに、どうしてあんな場所にあるんだろう」と、ずっと感じていたモヤモヤがようやく解消されました!

5 6 7 8

見た目の変更に加えて、“遮音性”についても大幅に改善されたように感じました。乗り込んでドアを閉めた時点ですぐに感じるほど静かです。河原や木陰など、ちょっとした自然の景色を楽しめるところに車を停めて車内で静かに読書、といった楽しみ方ができそう。

1 2次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。