ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食大好きだけどこれはムリ! 外国人に出すと炎上しかねない日本食材

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

外国人観光客の日本訪問が、コンスタントに増え続けてるみたいですね。
中には、京都や東京といった昔からの観光地だけでなく、漫画や映画で描かれた町に訪れるという人も結構な数いるらしく。

アニメや漫画の重要なシーンを訪れるのを聖地巡礼っていうんでしたっけ?
そういった方も増えてるんでしょうけど、コアな外国人観光客は、どうもそういった方ばかりだけではないようです。

筆者が外国の方から相談を受けたケースだと、「東京都足立区の銭湯で、ペンキで富士山の絵が描かれている公衆浴場を探してほしい」とか、「身の安全が保障される治安のいい場所で、地元の人たちと路地裏で飲める店を教えてほしい」とかいったのもありますから、「日本贔屓(ひいき)」の方も、実に色々な人がいるんでしょうね。

ところで、旅ときたら、宿と食事はつきもの。こちらも、マニアックな方が増えています。日本式の旅館をわざわざ自分で探して泊まる方も増えているそう。

そこまで日本びいきなら、食事は何をお出ししても問題なさそうですが、なぜかトラブルになる食材も多いそう。

あくまで自分の交友範囲内ですが、日本食は好きだけど、これだけはNGという食材を調べてみました。

1.こんにゃく

「これ、建築材料のひび割れとか埋めるシリコンじゃねえの?(アメリカ人男性)」
「ムリ、とにかくムリ(ポルトガル人女性)」
「おなかの中で、かたまりそう。胃カメラ使う時の医療用の検査薬品じゃないの?(ブラジル人男性)」

2.うめぼし

「まさかと思うけど恋人とケンカした時に、嫌がらせに出したりするの?(ポーランド人女性)」
「頭が割れそう……(ケニア人男性)」
「どうしてこんなもので、日本人は食欲が進むの? ドイツ人女性」

3.いかの塩辛

「生臭さがムリ。絶対ムリ(ノルウェー人男性)」
「まさか、なめくじじゃないよね? このぬめぬめした食感はムリ(スイス人男性)」
「絶対、シーフードじゃないでしょ? シーフード風味のなめくじでしょ?(スイス人男性)」

4.エビや魚の頭を使った料理

「虫が入ってるようにしか見えない(カナダ人女性 甘エビの頭が入った味噌汁を出されて )」
「まさか、この料理、打ち首っていうんじゃないよね?(メキシコ人男性 鯛の兜焼きを出されて)」
「目がこっち見てる。絶対ムリー (鯛の姿作りを出されて デンマーク人女性)」

5.ゴマ

「食べづらい(アメリカ人男性)」
「口の中で「プチっ」ていうのと、香りがどうも(オーストラリア人男性)」
「ごめん。日本のスパイスだってのはわかってるけどlice(しらみ)を想像して、どうしてもムリ(セネガル男性)」

うーん、日本料理がメジャーになったとはいっても、これだけの食材を扱う国ってないから、なかなか難しいですね。
そうそう、活け造りですが、オーストラリアでは、客の前で調理するのを見せたり、動いている活け造りを出すのは完全な違法で、へたすると逮捕される可能性があるかもですって。

個人的には、外国の方を最初に食事に誘うのは、焼き鳥屋さんが無難だと思うのですが、外国の方を接待する時は、それとなく好きな日本食を聞き出して、おもてなしに使えるお店を探すか、ホームパーティーに招待するのが一番みたいですね。

それにしても、こんにゃくが不評とは意外ですね。味がないから、アレンジ次第で、いろんな料理にできそうなんですけどね。

※写真はイメージ 足成より
http://www.ashinari.com/2011/04/13-346815.php

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松沢直樹) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP