体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その3【美術編】

版画家・川西英の紹介ページ

前2回の文学編に引き続き、今月末で著作権保護期間が満了する美術の分野に足跡を残した先人たちを紹介します。

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その1【文学・前編】
http://getnews.jp/archives/1281242 [リンク]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その2【文学・後編】
http://getnews.jp/archives/1282693 [リンク]

藤田隆治(1907-1965、代表作『氷上ホッケー』)

1907年(明治40年)、山口県豊浦郡豊北町(現在の下関市)に生まれる。新文展入選で頭角を現し、1934年(昭和9年)に新日本画研究会の創設に参加した。1936年(昭和11年)に開催されたベルリンオリンピックで開催された芸術競技の絵画部門に出展した『氷上ホッケー』で銅メダルを獲得。同大会では藤田の他に、鈴木朱雀(1891-1972)がデッサン素描部門に出展した『古典的競馬』も銅メダルを獲得している。オリンピック芸術競技は近代オリンピック創設者のピエール・ド・クーベルタン男爵が提唱したもので、1912年のストックホルムオリンピックから開催されていた。しかし、客観的な採点の困難さもあるためか1948年のロンドンオリンピック(日本は制裁のため不参加)での実施を最後に廃止されている。

1944年(昭和19年)に従軍画家として応召、戦地では先に派遣されていた藤田嗣治(1886-1968)とスケッチの交換を行っている。復員後、事故死した弟の遺族を養育するため八幡(現在の北九州市)へ転居した。1964年(昭和39年)の東京オリンピックでは、かつての芸術競技に代わり公開形式の文化プログラムとして開催された芸術展示にメダリストとして招待されている。

1965年(昭和40年)1月22日逝去。57歳没。銅メダルを獲得した『氷上ホッケー』は大会主催者のナチス・ドイツ政府が買い上げたが、現在は所在不明となっている。

杉浦非水(1876-1965、代表作『三越呉服店春の新柄陳列会』『地下鉄開通』)

1876年(明治9年)、愛媛県松山市に生まれる。初めは日本画家を志していたが、東京美術学校日本画選科在学中に黒田清輝の指導を受けて(当時は「図案」と呼ばれていた)デザイン画を志すようになる。旧制中学教員などを経て1908年(明治41年)に三越呉服店嘱託(後に図案部主任)となり、広報紙『みつこしタイムス』の表紙画やセールのポスター画を手掛けた。この時期の代表作として、1914年(大正3年)の『三越呉服店春の新柄陳列会』がある。

1922年(大正11年)から3年間のヨーロッパ留学では、アルフォンス・ミュシャのポスター画に接して強い感銘を受ける。帰国後はデザイン画研究組織『七人会』の発足に参加し、中心メンバーとして活動した。この時期には、東京地下鉄道(現在の東京メトロ銀座線)開業を告知する『地下鉄開通』のポスターや大蔵省専売局(現在の日本たばこ産業の前身)からの依頼による『響』『日光』『桃山』などのパッケージデザインを手掛けている。杉浦によるこれらの作品群は後年、日本におけるグラフィックデザインという分野を確立したものと評されている。

1929年(昭和4年)からは帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)工芸図案科長を務めていたが、1935年(昭和10年)に発生した同盟休校事件の責任を取って辞職し新たに多摩帝国美術学校を設立、初代校長に就任した。1965年8月18日、老衰のため神奈川県藤沢市の自宅で逝去。89歳没。

川西英(1894-1965、代表作『神戸百景』)

本名は川西英雄。1894年(明治27年)、神戸市兵庫区に生まれる。家業の回船問屋を継いだ後、郵便局長となるが山本鼎(1882-1946)の版画に感銘を受けて木版画の製作を始める。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会