体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモが『Xperia arc SO-01C』のバージョンアップを7月6日実施へ 9日発売の『Xperia acro』でその内容をチェック

NTTドコモが『Xperia arc SO-01C』のバージョンアップを7月6日実施へ 9日発売の『Xperia acro』でその内容をチェック

NTTドコモは、7月6日18時以降にAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』の機能バージョンアップを実施すると発表しました。編集部で、ちょうど7月9日に発売される『Xperia acro SO-02C』をお借りしていたのでバージョンアップ内容と比較してみたところ、このバージョンアップにより『Xperia acro』と同等のバージョンへ変更される見込みであることが判明しました。

※記事のすべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

Android 2.3.3へアップデート

左がバージョンアップ前の『Xperia arc』、右が『Xperia acro』。OSのバージョンとビルド番号に注目

7月9日に発売される『Xperia acro』は『Xperia arc』をベースに、『おサイフケータイ』やワンセグ、赤外線通信など日本の携帯電話向け機能を追加したモデル。OSは『Xperia acro』『Xperia arc』共にAndroid 2.3ですが、『Xperia acro』は2.3.3、『Xperia arc』は2.2.2の状態で出荷されます。

ソフトウェアのビルド番号は、筆者が使用している『Xperia arc』では3.0.D.2.79、レビュー中の『Xperia acro』では3.0.1.F.0.89。『Xperia arc』バージョンアップ後のビルド番号は3.0.1.F.0.126と発表しており、このバージョンアップにより『Xperia arc』がAndroid 2.3.3にアップデートされることになる見込みです。

バージョンアップの内容

バージョンアップ内容として発表されているのは、文字入力ソフト『POBox Touch』のバージョン4.0から4.1へのアップデート、辞書データのバックアップと復元、Eメールアプリのメール閲覧機能の向上、プリインストールされたアプリを『Facebook』と連携させる『Facebook Inside』機能の搭載、プリインストールアプリの追加、といったもの。

これらは『Xperia acro』では標準で搭載されており、バージョンアップにより『Xperia arc』でも『Xperia acro』と同等の使い勝手を実現することになります。ここでは、『Xperia acro』を使ってこれらバージョンアップ内容を確認していきましょう。

「50音キー」と「アルファベットと数字キー」を採用

50音キー アルファベットと数字キー

『POBox Touch』のバージョン4.1では、ひらがな50音をすべて表示する「50音キー」と、アルファベットと数字を1画面にまとめた「アルファベットと数字キー」を新たに採用。従来のQWERTYキーや携帯電話式キーの表示とは別に、使いやすい入力方式を選択できるようになります。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。