ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモが『Xperia arc SO-01C』のバージョンアップを7月6日実施へ 9日発売の『Xperia acro』でその内容をチェック

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
NTTドコモが『Xperia arc SO-01C』のバージョンアップを7月6日実施へ 9日発売の『Xperia acro』でその内容をチェック

NTTドコモは、7月6日18時以降にAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』の機能バージョンアップを実施すると発表しました。編集部で、ちょうど7月9日に発売される『Xperia acro SO-02C』をお借りしていたのでバージョンアップ内容と比較してみたところ、このバージョンアップにより『Xperia acro』と同等のバージョンへ変更される見込みであることが判明しました。

※記事のすべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

Android 2.3.3へアップデート

左がバージョンアップ前の『Xperia arc』、右が『Xperia acro』。OSのバージョンとビルド番号に注目

7月9日に発売される『Xperia acro』は『Xperia arc』をベースに、『おサイフケータイ』やワンセグ、赤外線通信など日本の携帯電話向け機能を追加したモデル。OSは『Xperia acro』『Xperia arc』共にAndroid 2.3ですが、『Xperia acro』は2.3.3、『Xperia arc』は2.2.2の状態で出荷されます。

ソフトウェアのビルド番号は、筆者が使用している『Xperia arc』では3.0.D.2.79、レビュー中の『Xperia acro』では3.0.1.F.0.89。『Xperia arc』バージョンアップ後のビルド番号は3.0.1.F.0.126と発表しており、このバージョンアップにより『Xperia arc』がAndroid 2.3.3にアップデートされることになる見込みです。

バージョンアップの内容

バージョンアップ内容として発表されているのは、文字入力ソフト『POBox Touch』のバージョン4.0から4.1へのアップデート、辞書データのバックアップと復元、Eメールアプリのメール閲覧機能の向上、プリインストールされたアプリを『Facebook』と連携させる『Facebook Inside』機能の搭載、プリインストールアプリの追加、といったもの。

これらは『Xperia acro』では標準で搭載されており、バージョンアップにより『Xperia arc』でも『Xperia acro』と同等の使い勝手を実現することになります。ここでは、『Xperia acro』を使ってこれらバージョンアップ内容を確認していきましょう。

「50音キー」と「アルファベットと数字キー」を採用

50音キー アルファベットと数字キー

『POBox Touch』のバージョン4.1では、ひらがな50音をすべて表示する「50音キー」と、アルファベットと数字を1画面にまとめた「アルファベットと数字キー」を新たに採用。従来のQWERTYキーや携帯電話式キーの表示とは別に、使いやすい入力方式を選択できるようになります。

『POBox Touch』で管理するユーザー辞書と学習辞書について、バックアップと復元の機能を追加。辞書データをmicroSDHCカードに保存可能になり、万一の本体故障や初期化の際も辞書データを復元できます。

Eメールのプレビュー表示が可能に

Eメールのプレビュー表示が可能に

Eメールアプリで、本文のプレビュー表示が可能になります。受信トレイなどでは選択したメールがプレビュー表示でき、メール件数が多い場合にサクサクチェックしたい場合に便利。

「常時利用」なら縦でもプレビュー可能

画面を横にした場合にプレビュー画面を表示する「横表示のみ利用」、縦にしてもプレビューできる「常時利用」の2種類のプレビュー設定が可能。もちろん、従来どおりプレビューをOFFに設定することもできます。

Facebookと強力な連携を実現

『Facebook』と連携させる『Facebook Inside』機能は、『Facebook』アカウントを持っていない人は取得したくなるほど面白い機能。「設定」の「アカウントと同期」で『Facebook』のアカウントを追加でき、連絡先情報やアルバム、連絡先をスマートフォンに同期できます。

友人のオススメ動画をチェックできる『メディア検索アプリ』

『メディア検索アプリ』が利用可能になり、『Facebook』上の友人が『YouTube』などからオススメとして投稿・共有した動画を一覧表示可能。投稿・共有した動画についたコメントを見たり、その動画に「いいね!」やコメントができます。

アルバムやタグ付けされた写真を見ることができます

端末に保存した写真や動画を表示する『ギャラリー』アプリでは、『Facebook』のアルバムや、自分がタグ付けされた写真を表示可能。写真につけられた「いいね!」やコメントを見たり、コメントを投稿することができます。

ほかにも『Facebook』の連絡先情報を電話帳に同期させたり、カレンダーに『Facebook』の情報を同期でき、スマートフォンでよく利用するプリインストールアプリの重要な機能が『Facebook』と強く連携可能になっています。

多彩なプリインストールアプリの追加

ドコモからは『iチャネル』、『ドコモ地図ナビ』、『メロディコール』、『Gガイド番組表』、『マクドナルドアプリ』、『Twonky』、『ecoモードアプリ』、『楽天オークション』、『海外ローミング設定アプリ』がプリンストールアプリとして追加されます。ソニー・エリクソンからはアクセサリーの直販サービス『Sony Ericsson Store』、オススメのアプリを紹介する『APPNAVI』を追加。

あまり多くない内蔵メモリーの容量を圧迫するのが心配ですが、これらの多くはランチャーがインストールされ、起動すると『Androidマーケット』に接続してインストールするもの。必要ないアプリであればインストールしなければ、内蔵メモリーを食いつぶす心配はありません。

『LiveWareマネージャ』はアップデートに含まれる?

『Xperia acro』にプリインストールされているアプリで、『Xperia arc』のバージョンアップに記載されていなかったものが『LiveWareマネージャ』というアプリ。こちらは、Bluetoothで『Xperia arc』や『Xperia acro』と連携するガジェット『LiveView』などのアクセサリーを管理したり、アクセサリーと連携するアプリケーションを『Androidマーケット』で検索する機能を持っています。この秋にはデスクトップドック『LiveDock』、ヘッドセット『LiveSound』といった『Xperia』製品と連携するアクセサリー『Smart Extras』の発売が予定されており、このアプリの重要度も増していきそう。おそらく『Xperia arc』のバージョンアップでも、このアプリのプリインストールが含まれるものとみられます。

以上のように、さまざまな機能強化が見られる今回の『Xperia arc』バージョンアップ。『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線の機能を除き、最新機種の『Xperia acro』と同等の機能が少し先に利用できるのは、『Xperia arc』ユーザーにとってうれしいニュースなのではないでしょうか。


『LiveWareマネージャ』関連記事:
『Xperia』とBluetooth連携して更新情報をチェックできるガジェット『LiveView』が日本でも発売へ
Sony Ericsson、Android向けアクセサリー”Smart Extras”2製品を発表
Sony EricssonのAndroid向けアクセサリー『LiveDock』はBluetooth PS3ゲームコントローラーもサポートするらしい

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。