ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どら焼きで有名な池袋にある『すずめや』の秋限定和菓子も見逃せない!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

どら焼き好き、和菓子好きなら知らない人はいない!

同じく有名な上野にある『うさぎや』や、

浅草にある『亀十』、東十条の『草月』に続いての人気どら焼き。

お値段は1個150円とお手頃。

午後には売り切れてしまうこともあるので、

確実にゲットしたい方は午前中、平日がおすすめ。

シンプルで雑味のない小豆好きのためのどら焼き

材料は、
砂糖、小豆、小麦粉、卵、蜂蜜、重曹
と至ってシンプル。

甘い良い香りの生地はふかふか!
ふっくらした皮でホットケーキのような弾力も。
中には粒の食感ある、つやっつやの粒あん。
しっかり和菓子としての甘さもあるけれど上品。
濃厚な小豆です。

金色のすずめがお出迎え

1つ1つ実物の和菓子が目の前に陳列しています。

商品を見ながら選べるのが嬉しい。

定番商品のお隣に季節の和菓子が並びます。

これは外せない!霜月限定の和菓子『栗こもち』

▼栗こもち 六個入り 八百五十円 (~11月下旬)

材料は、栗、砂糖、もち粉、のみなので期限は本日中。

ほろほろっとした栗の粉がまぶされていて、
しっかり甘みもありつつ風味豊かな栗。
栗きんとんを食べているような上品さ。
まわりだけ食べても美味しいけれども
中にいらっしゃるお餅にも驚かされました!
むぎゅっとしていて程よい柔らかさのむっちり餅。
食感といい、バランスが絶妙。

秋の定番『栗蒸し羊羹』は栗がゴロゴロ贅沢にたっぷり!

▼栗蒸し羊羹 一個二百五十円 (~11/28)


さらっとした油断も隙もない小豆の羊羹に

うまーく間に入り込んだ甘さを加えていない栗。

甘い羊羹なのでシンプルな食感ある栗が際立っています。

羊羹だけど”栗”を主役に見立てた絶妙なバランス。

なかなか友達想いの羊羹です。

2種類の餡が珍しい、定番の最中

▼最中(粒餡、ごまクルミ餡)  二種一組百六十円

上品なサイズの最中が2つほど

上が『ごまクルミ餡』、下が『粒餡』

粒餡は、
みずみずしい濃厚な粒餡。
どら焼きの美味しいあんこです。
粒の食感もあって甘さもしっかりあるのに小豆のお味も健在。
さっくり香ばしい最中にも合います。

ごまクルミ餡は、
さらっとしていてごまの風味もくどさがなく上品。
そしてクルミの食感と香ばしさがアクセント。
主張しすぎていないので、ごまとも仲良し。

絶品和菓子で贅沢なひとときを...

丁寧に作られた手作りのお味。

温かいお茶と一緒に

美味しい『すずめや』さんの秋の和菓子で

身もココロも温まりませんか?

店詳細情報

*東京都豊島区南池袋2-18-5
池袋駅 東口 徒歩5分ジュンク堂とスタバの間入って2つ目の道を左に曲がってすぐ

*定休日:日曜、祝日

*営業時間:10時~ 売り切れ次第閉店

*TEL 0353910196

*公式HP http://www.d-suzumeya.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: iko1012) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP