体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYOレポート 店内はどうなってるの?

泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYOレポート 店内はどうなってるの?

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」
泊まれる本屋をコンセプトにしたホステル・BOOK AND BED TOKYOが11月5日に東京・池袋にオープンしました。

同店舗は、たくさんの本に囲まれながら読書を楽しめるうえに、そのまま寝落ちできてしまう幸せな瞬間を体験できるのが醍醐味の施設となっています。

オープン前から国内外のさまざまなメディアに取り上げられ、大きな注目をあつめました。すでに年内いっぱいは予約者でほとんど埋まってしまっているとのこと。

今回は、そんなオープンしたばかりのBOOK AND BED TOKYOにお邪魔してきました!

本を読むためだけの空間が池袋に!

ビルの中

BOOK AND BED TOKYOは、飲食店などが数多く立ち並ぶ池袋駅西口から徒歩1分ほどという好立地。入居しているビルも、ほとんどが飲食店で占められています。

BOOK AND BED TOKYOの入り口

エレベーターで7階まで一気に上がれば、扉が開いた瞬間に木製の受付が現れます。

呼び鈴を鳴らして店員さんを呼ぶと、店舗内のルールや宿泊する部屋の番号が書かれた紙が手渡され、本屋ではなく宿泊するための施設だということが改めて実感できます。

ちなみに宿泊料金は、部屋の広さによってSTANDARDが一泊4500円、COMPACTが一泊3500円。一度チェックインを済ませてしまえば、16時から翌朝11時まで、ホテルのように自由に出入りすることができます。

本棚

BOOK AND BED TOKYOの内装

店舗内に入るとまず目に飛び込んでくるのは、フロアいっぱいに伸びた本棚!

あくまで寝落ちすることを軸に選書されているため、小説などしっかり読むものだけでなく、漫画や写真集、雑誌といった流し見できるものまで、幅広いジャンルの本が取り揃えられています。

平置きされた本

店員さんにオススメの本をうかがうと、「グルメ系の本もたくさん取り揃えているので、夜中にお腹を減らして天国と地獄を同時に味わいながら眠るのもいいかもしれません(笑)」とのこと。

「店舗への出入りは自由なので、お腹がすいたらグルメタウンでもある池袋の街に出かけてみてください!」

天井

天井を見上げれば、照明が隠れてしまうほどたくさんの本が吊り下げられたディスプレイも。

共有スペース

BOOK AND BED TOKYOのソファー

ソファーが設置されている部分は共用スペースとなっており、座ったり寝そべったりしつつ、自由に会話を楽しみながら本を読むことが可能となっています。

オープン初日には、おもに20代から30代にかけての女性や外国人の方が来店したとのこと。予約者も女性の割合がかなり多いそうです。

しっかりと読書を楽しみたい方は個室スペースで、ゆったり自由に読書を楽しみたい方はロビースペースを利用したりと、思い思いの自由な時間を過ごせるのがBOOK AND BED TOKYOの魅力となっているように感じました。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。