体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進化はハイテクだけじゃない『ベイブレード バースト』第3世代は、より安全に、より面白くなって登場だ!

catch

わゆる“ベーゴマ”の現代版として、全世界にファンを持つタカラトミー(東京・葛飾区)の「ベイブレード」が、過去二世代より大きく進化して今年7月に帰ってきた。その名も『ベイブレードバースト』。バーストの名が示すとおり、「破壊」がキーワードの進化を遂げたようだ。さっそくどんなものなのか試してみた。

 

バーストで征服感と安全性を両立させた

1

ベイブレードの面白さは、やはり現代版とはいっても、どこか自分の力でコマ(ベイ)をシュートする“アナログ感”が残っているところだと記者は思っている。

そういう意味で、攻撃や守備のタイプをパーツで使い分けながら、なおかつベーゴマのメタル感を残した第2世代 「メタルファイト ベイブレード」はかなり完成度が高いおもちゃだと思っていた。ところが、この第2世代はシュート力が強いと、ベイがスタジアムの外に大きく飛び出し(オーバーフィニッシュ)、小さい子にはやや危険な部分もあった。

2

その点、今度の第3世代『ベイブレード バースト』は、軽いプラスティックのレイヤー部で衝突し、場外に飛び出すほどの衝撃を受けると、パーツの連結ロックが外れ、バースト(破壊)されてパーツがバラバラに飛び散るように作られている。これはこれでなかなかの迫力と、相手をやっつけた征服感が味わえ、同時に、衝撃力を上手くベイに吸収させることで、必要以上に大きく場外に飛び出す危険を防いでいる。

3

ベイのタイプは、「アタックタイプ」、「スタミナタイプ」、「ディフェンスタイプ」、そしてこれらとバランス良く闘える「バランスタイプ」の4種類がある。闘ったときには、それぞれに異なる相性を持っている。

10

4タイプのベイはどれも、プラスティック製のレイヤー部、金属製のディスク部、そして攻撃パターンを決めるドライバー部の三層構造になっており、手で簡単にこの三層を組み立てられ、そしてバーストするとバラバラに壊れる。

第2世代までだと、相手をスタジアムの外にはじき出すオーバー・フィニッシュにならなければ、あとは最後まで回り続けるスピン・フィニッシュを待たなければならなかったが、『ベイブレード バースト』には、相手を破壊する決着の付け方「バースト フィニッシュ」が加わった。より面白く、しかも安全性も向上するという、一石二鳥の進化を遂げたのが、この『ベイブレード バースト』なのだ。まずは、このバーストの様子を、メーカー作成の動画で見ていただきたい。

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。