ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上初!わずか9ドルのポケットサイズコンピューター「C.H.I.P.」がスゴそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨今の技術進歩は著しく、コンピューターはどんどん小型化が進んでいる。

・たったの9ドル!ポケットチップ型のコンピューター

今回紹介する「C.H.I.P.」は、なんとポケットに入るくらいの大きさしかない、チップ型ポータブルコンピューター。

それなのに価格はたったの9ドルという点で、他の競合品とは一線を画している。

とはいえ、コンピューターとしての性能もバッチリで、1Ghzプロセッサ、512MB DDR3 RAM、4GBストレージを搭載、WiFi、Bluetoothに対応しており、ワイヤレスでキーボードやマウスを使うことができる。

・さまざまなモニターに接続可能

また、古かろうが大きかろうが、どんなスクリーンにも対応しており、内蔵の出力端子や、VGA、HDMIアダプタにつないで、モニターとして用いることが可能になっている。

・フリーのアプリを活用

「C.H.I.P.」ではオープンソースのフリーアプリケーションを活用しており、「LibreOffice」をはじめ、有用なアプリケーションがあらかじめインストールされている。

ポケットサイズコンピューターをモニターと接続して、ブラウザを立ち上げたり、メール送受信をおこなったりという基本アクションから、表計算ソフトを起動したり、文書を作成したり、プレゼンテーション資料をつくったりできる。

さらに、コントローラーをつないでゲームを遊んだり、アニメーションや音楽制作をおこなったり……なんてことまで、幅広い使い方ができるだろう。

・「Scratch」でプログラミングをサポート

初心者向けプログラミング環境「Scratch」が搭載されており、ユーザーにコーディングの基礎をわかりやすく教えてくれるのもありがたい点。

クラウドファンディングKickstarterで、2百万ドルの資金を集めた「C.H.I.P.」は、12月以降に順次提供開始を予定している。世の中の常識を変えるコンピューターとなるかもしれない。

C.H.I.P.

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP