ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新人社員・高橋名人、16連射でゲーム画面をスキップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファミコン名人の高橋名人が司会を務めるゲーム番組『ゲッチャ!』。2011年6月3日放送分は28年間勤めたハドソンを退社後、初の放送となった。同番組を制作するゲッチャ・コミュニケーションズに入社したばかりの名人は番組内で新人扱い。新作ゲームの紹介コーナーでは、キャラクター同士が会話するアドベンチャー・パートを得意の「16連射」でスキップする(飛ばす)よう命じられると、懸命に応じた。

 デジタルコンテンツを制作するゲッチャ・コミュニケーションズに入社して3日目という高橋名人はこの日、同社の社員として初めて「ゲッチャ!」に出演。番組が始まるや否や「(これからは)はじけるぞ!」と雄たけびをあげた。しかし、周りの先輩社員から「焼きそばパンを買ってこい」と新人扱いをされると即座に「2つでよろしいでしょうか」と答え、視聴者の笑いを誘った。

 また新作ゲームの紹介コーナーでは、対戦格闘ゲーム『ファントムブレイカー』(Xbox360)を開発した5bp.の志倉千代丸社長が登場。高橋名人の番組進行を見て「やっぱり新人はダメだなぁ」と評した。さらに名人と共に司会を務める椿姫彩菜さんは、一刻も早く同作の格闘パートをプレイするため、キャラクター同士が会話するアドベンチャー・パートをスキップするよう高橋名人に依頼。名人は「1秒間に16回」といわれる得意の連射でこれに応じた。これを見た志倉社長は「16連射の無駄づかい」と語り、ニコニコ動画にも「早すぎワロタ」「はえーw」「すげぇええええええ」などといったコメントが多数投稿された。

 番組終了後の取材で高橋名人は、「”ゲームメーカーの社員”という壁がなくなった分、活動できる範囲は広くなりました。ただ、広くしすぎないよう自分で決めなければなりません。今回の放送でも、話の内容が変な方向にいかないよう意識したつもりです」と語り、「でもこれからは、そうした壁があったために紹介できなかったゲームをどんどん紹介してきたい」と、新入社員としての放送初回を振り返った。

村井克成、土井大輔)

◇関連サイト
・高橋名人 | TAKAHASHI MEIJIN OFFICIAL SITE – 公式サイト
http://16shot.jp/
・[ニコニコ生放送]高橋名人の16連射から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv51676973?ref=news#25:16

【関連記事】
なぜ『桃鉄』から「女湯」が消えた? ハドソン高橋名人が語る「裏話」
高橋名人、ハドソン退社後も”名人”のままに
ドンハン稲船、新会社の採用条件に「僕のことを嫌いな人は来ないで」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP