ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『カップヌードル パスタスタイル』から新味『和風タラコ』登場! やっぱりパスタじゃないけどウマい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

11月2日、日清の『カップヌードル パスタスタイル』より、新味『和風タラコ』が登場。ひと足お先に試食したので、ご紹介する。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1218383

「もう、イタリア人の評価は気にしない」今度は日本人寄りで来た新味『和風タラコ』

『カップヌードル パスタスタイル』といえば、“イタリア人が認めなかったパスタ”として、話題になった代物。

日清『カップヌードル』からパスタが登場!! 本場イタリア人に「認められなかった」そのお味は?
http://getnews.jp/archives/1011230[リンク]

本場イタリアでも愛されている『ボンゴレ』『ボロネーゼ』の2種類の味で、イタリアに乗り込んだものの、イタリア人には「これはパスタではない」と言われてしまった。

しかし、そんな評価にめげずにそのまま発売。「パスタかパスタでないか」の判断には個人差があるようだが、おいしさは認められ、手軽に食べられるパスタ(仮)として好評なようだ。

そして、今回は結局「もう、イタリア人の評価は気にしない」と開き直り、“イタリア人の知らない”『和風タラコ』味を売り出して来た。日本では「パスタの中でいちばん好き」という人間がいるほど定番な『和風タラコ』味だが、イタリアではほとんど知られていないそうだ。

具材はタラコとワケギ。ソースはシソの風味が香るしょうゆバタータラコ味となっている。

作り方は、半分ほどフタを開けて、中の粉末ソースと液体ソースを取り出し、お湯を入れて5分。はじめ開けた方とは違う側をペロリとめくり、湯切り口からお湯を出して、粉末ソース、液体ソースの順に絡めるといった、いたってシンプルなものだ。片手で湯切りが簡単にできるのがポイント。

粉末ソースにはたっぷりとタラコとワケギが入っている。具材が全体に行き渡るように混ぜたあと、液体ソースを混ぜ合わせると、タラコの香ばしい香り、しょうゆバター甘やかな香り、そしてシソの爽やかな香りが合わさって、かなり華やかな香りになっている。

早速、食べてみると、プリッとした歯ごたえのある太ストレート麺にタラコソースがしっかりと絡まっておいしい。タラコとバターしょうゆの旨味に、シソの風味がとてもいいアクセントだ。

ただ、これを『和風タラコ』味のパスタを知らないイタリア人が食べて、「コレガ、二ホンノ『ワフウタラコパスタ』デスカ?」と聞いてきたら、筆者は「イイエ、チガイマスヨ!」と答える。やっぱり「パスタであって、パスタでない味」なのは変わらない。しかしこの独特な味わいに、ハマってしまう人も少なくないと思う。

この『和風タラコ』味の発売と同時に、『ボロネーゼ』味がリニューアルされている。『カップヌードル パスタスタイル』を食べたことがある人もない人も、この機会にぜひ食べてみてはいかがだろうか?

製品情報

カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ
内容量:87g(麺75g)
価格:198円(税別)
発売日:11月2日
発売地区:全国
公式サイト:https://www.nissin.com/jp/products/items/7149[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP