体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

裸で起業する男『ヲタケン』、【会ってみた】開始前夜・前編

インターネットが人々の生活に浸透するのに伴い、パソコンなどの機器も広く個々人にまで普及しました。その影響で技術は飛躍的に向上、製品は安価で供給されるようになったわけです。そしてそのような流れは、弱者が強者に成り代わるという可能性を持つ、かつてない逆転現象を生み初めています。かつては寡占市場だった出版、映像、音楽業界も、外海からの“黒船”ではなく、内海にたたずむ小さな船の影響を受けるようになったのです。個人が書くブログが世論に影響を与え、インディーズバンドの存在が全国で認知され、家庭で作られた映像が世界中の人々に届けられるのです。
そしてこうしている今も、“素人”でありながらも作品を提供し続ける人達が誕生しているのです。

インターネットの動画共有サイト『ニコニコ動画』。サービスを利用したことはなくても、その名前ぐらいは耳にしたことがある方も多いと思います。動画にコメントをつけることで得られる“共有できる空気感”が人気を呼び、数年で多くの人々が作品を公開、閲覧する場所へと成長しました。そして当然のことではありますが、そこに活躍の場を求める人々が現れ始めたのです。その表現手段は様々。ゲームをプレイしている動画をアップする人、踊っている姿を披露する人、歌声を届ける人。キャラクターに歌を歌わせることが可能な『ボーカロイドソフト』で音楽を作った人の作品は、東京・渋谷駅のすぐ近くに位置する繁華街『センター街』でその歌が流されるなど、もはや無視できない存在へと成長しているのです。

そんな若いクリエーターである彼/彼女らの人物像に迫るインタビューシリーズ。第1回目は様々なことに裸で挑戦し続ける『全裸で○○してみた』シリーズで注目を集めることとなった『ヲタケン』さんです。最初に『ニコニコ動画』にアップした作品『1年前の生卵を全裸で食ってみた』は、現時点で70万4584回も再生され、コメント数はなんと22万520件にもなります。その人気の源泉はどこにあるのか、本インタビューではその秘密に迫りたいと思います。

■ ヲタケンさんは好青年だった

― こんにちは

ヲタケンさん(以下ヲ) こんにちは。こんな者のためにわざわざ札幌まで来ていただいて…。

― いえいえ。しかし普段から裸だったらどうしようかと思いました

ヲ さすがにそれはないです(笑)

― そうですよね(笑)。では早速、インタビューに入らせていただきます

ヲ よろしくお願いします。

■ ニコニコ動画との出会い

― そもそもなぜ、『ニコニコ動画』に動画作品をアップしたのですか

ヲ 友達がですね、『ニコニコ動画』にカラオケで歌っている自分の動画をアップしていたんですよ。

― それを見たのがきっかけだったと

ヲ そうですね。それにコメントがついたりして、見てくれるている人の生の声が聞こえるのが面白いなと思って。

― ダイレクトな反応があるところが良かったわけですね

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。