体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンが選んだ“ベストオブ世界名作劇場”は!? 『あらいぐまラスカル』『ロミオの青い空』が強かった![オタ女]

ラスカルとスターリング

今年7月30日~8月18日に東京・池袋で開催された『THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション40年のしごと~』を記念し、アンケート企画『あなたと選ぶ!THE ベストオブ世界名作劇場』を日本アニメーションが実施。その投票結果が届きました! 

アンケートに投票したのは10代~50代までの男女約1000人(女性768名、男性236名)! 登場人物がひたむきに生きる姿に、元気や勇気を貰ったり、子どもながらに深く考えさせられた『世界名作劇場』。今観ても楽しめる名作たちの中から1位に輝いたのは……!? 上位10作品を紹介します。7位までは投票したファンの熱いおすすめコメントも一緒にどうぞ。

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/52801[リンク]

作品総合ランキング発表!

03ラスカル

1位『あらいぐまラスカル』(1977年放送)213票
少年スターリングは、赤ちゃんあらいぐま「ラスカル」を拾い育てることに。成長したラスカルは好物のとうもろこしを目当てに畑を荒らしてしまう。野生動物との共存の難しさを知ったスターリングは、ラスカルを森に返す決意を固める。

<コメント>
・動物達との触れ合い、友情だけではなく自然との共存の難しさを伝えている作品なので。(20歳女性)

・まずはラスカルがとてもかわいい。そして、自然と人間が共存している様子が描かれているのがとても温かく感じる。また、理想を並べるだけではうまくいかないということを学んでいくスターリングの姿にも共感できる、大人からみてもまた新しい発見がある作品だと思う。(22歳女性)

・押し付けではない優しさに溢れている。こんな作品を見て育てば、思いやりのある人間になれそうな気がする。(48歳男性)

21ロミオ

2位『ロミオの青い空』(1995年放送)165票
スイスの少年ロミオは、家計を助けるため自らを人買いに売り、煙突掃除夫としてミラノにやって来た。きつい仕事や親方一家の辛い仕打ち、不良少年団「狼団」との争い。親友アルフレドらとの友情で、厳しい毎日を乗り越えていく。

<コメント>
・まっすぐでひたむきに努力するロミオの姿を見ていると勇気を貰えるから。また、困難があってもみんなで解決する、友情の素晴らしさをたくさんの人に知って欲しいから。(27歳男性)

・どんなにつらい環境でも諦めずに懸命に生きていくところが素晴らしいと思います。たくさんのひとにみてほしい作品です。人に対する思いやりの心と、希望を思って生きられると思う。子供時代からこういう作品を見て育つのは大事な事だと思う。(40歳女性)

・人を信じること、どんな相手にも優しい心を持つ、団結する力(協調性)。今の子ども達には、全てにおいてこの作品から学んでほしいです。私が親になる日がもしくれば、その時は必ず我が子にこの作品を見せてあげたいと思います。そして、ロミオのように優しく、強く育って欲しいです。(21歳女性)

05アン

3位『赤毛のアン』(1979年放送)156票
グリーン・ゲイブルズに住むマシュウとマリラは、孤児院から男の子を引き取ろうとしたが、手違いでやって来たのは、空想好きな赤毛の女の子だった。天真爛漫なアンが、様々な人との交流や出来事を経て成長していく様子を描く。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy