体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleが『Nexus 5X』『Nexus 6P』とAndroid 6.0で開発中の最新機能をプレビュー

Googleが『Nexus 5X』『Nexus 6P』とAndroid 6.0で開発中の最新機能をプレビュー

Googleは10月7日、Androidに関する記者説明会を開催。10月下旬に出荷が予定されている最新の『Nexus』スマートフォン『Nexus 5X』『Nexus 6P』をお披露目し、Android 6.0“Marshmallow”の特徴や開発中の最新機能がプレビューされました。

最新『Nexus』スマートフォンをお披露目

nexus5x6p2

製品の説明には、同社製品開発本部長の徳生裕人氏が登壇。まず『Nexus 5X』の特徴について説明しました。『Nexus 5X』はmicroUSBの代わりにUSB-Cを採用し、10分の充電で4時間の使用が可能に。カメラは1230万画素で、ピクセルピッチが1.55マイクロメートルのセンサーにより、薄暗い場所でも鮮明な写真が撮影できるようになりました。動画は最大120fpsの撮影が可能になり、4Kの動画撮影にも対応します。指紋認証では専用のセンサーを採用し、スリープ状態からの復帰がすばやくできるのが特徴。

nexus5x6p3 nexus5x6p4 nexus5x6p5

『Nexus 5X』はLGエレクトロニクス製で、本体サイズは147.0×72.6×7.9mm、重量は136g。OSにAndroid 6.0、5.2インチフルHD(1920×1080)ディスプレー、1230万画素カメラ、500万画素のインカメラ、1.8GHzヘキサコアCPU、2GBのRAM、2700mAhバッテリーを搭載。内蔵メモリーは16GBと32GBを選択可能。本体カラーはカーボン、クオーツ、アイスの3色。『Googleストア』では16GBモデルが5万9300円、32GBモデルが6万3400円でプレオーダーを受け付けているほか、国内ではドコモとワイモバイルからも販売されます。

nexus5x6p6

『Nexus 6P』はアルミを削り出したフルメタルの筐体とWQHD(2560×1440)ディスプレーを搭載するのが特徴。USB-Cの採用、1230万画素カメラ、指紋認証といった機能は『Nexus 5X』と同様ですが、USB-Cによる充電では10分の充電で7時間使用が可能なほか、動画撮影では最大240fpsの撮影が可能という点が異なります。

nexus5x6p7 nexus5x6p8 nexus5x6p9

『Nexus 6P』はHuawei製で、本体サイズは159.3×77.8×7.3mm、重量は178g。OSにAndroid 6.0、5.7インチWQHD(2560×1440)ディスプレー、1230万画素カメラ、800万画素のインカメラ、2.0GHzオクタコアCPU、3GBのRAM、3450mAhバッテリーを搭載。内蔵メモリーは32GBと64GBを選択可能。本体カラーはアルミニウム、グラファイト、フロストの3色。『Googleストア』では32GBモデルが7万4800円、64GBモデルが8万800円でプレオーダーを受け付けています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。