体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パカパカできます! 折りたたみ式携帯電話型のAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH』

パカパカできます! 折りたたみ式携帯電話型のAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH』

シャープは、ソフトバンク向けAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH』を発表しました。6月中旬以降に発売を予定しています。こちらまず、見た目にビックリ。折りたたみ式携帯電話そのままの形状で、開くと10キーが使えるのです。auの『AQUOS PHONE IS11SH』はスライド式の10キーを搭載して「なるほど」と思いましたが、さらに携帯電話チックなスマートフォンが登場しました。“ケータイ打ち”に慣れたユーザーには、魅力的なスマートフォンになりそうです。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

携帯電話そのものな見た目 1610万画素のカメラも搭載

閉じた状態では、携帯電話とほとんど見た目が変わりません。携帯電話では1000万画素以上のカメラは当たり前になっていますが、こちらはスマートフォンでは最高クラスである約1610万画素のCCDカメラを搭載しています。

携帯電話調の10キー

開くと露出する10キーは、メールキー、インターネットキー、方向キーと決定キー、通話ボタンと終話ボタンまである携帯電話風キーを搭載。よく見ると、Android用ハードウェアキーであるメニュー、ホーム、戻る、検索ボタンも搭載しています。

“ケータイ打ち”で文字入力が可能

“ケータイ打ち”そのままで文字入力が可能。こっちの方が入力が早い、という人は絶対にいますよね。ターゲットとなるのはメールやブログ、SNSなど文字入力の機会が多い女性とのこと。携帯電話に慣れた、年齢層高めの男女にも関心を持たれそう。

画面には「メニュー」「ホーム」「戻る」のタッチ式キーを搭載

画面はもちろんタッチパネル。「メニュー」「ホーム」「戻る」のタッチ式キーも用意されています。

画面を上にしてたためばタッチパネル式スマートフォン

画面を上にしてたためば、タッチパネル式スマートフォンに早変わり。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。