ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCが「Desire EYE」と「Desire 626」で国内のSIMフリー市場に参入、国内向けの公式ショップで販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC Nippon が Desire シリーズの「HTC Desire EYE」と「HTC Desire 626」を引っさげ、ついに国内の SIM フリー市場に参入しました。HTC は、http://www.htc-shop.jp/ という国内向けの公式オンラインショップを立ち上げ、本日発表された 2 機種を発売するほか、11 月 1 日には SIM カードも発売します。Desire EYE の価格は、57,024 円、Desrie 626 の価格は 32,184 円です。なお、現在は予約キャンペーンとして、HTC e-Store で予約購入すると「HT DotView ケース」がプレゼントされます。Desire EYE は、5.2 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Snapdragon 801 2.3GHz クアッドコアプロセッサを搭載した LTE 対応の Android スマートフォン。自分撮り需要に応えて前面カメラのスペックを高め、自分撮りのためのカメラ機能を充実させたところが大きな特徴です。Desire EYE の特徴である前面カメラは、1,300 万画素(裏面照射型 CMOS、AF 対応、F/2.2・22mm レンズ)とデュアル LED フラッシュを搭載。カメラ機能については、ライトが周囲の明るさに応じて光量を調節して発光する機能、フロントカメラによる HDR 撮影やフル HD 動画撮影も可能です。さらに、HTC が Desire EYE と同時に発表した「HTC EYE Experience」にも対応しています。このほか、2GB RAM / 16GB ROM(Micro SD 最大 128GB)、背面に 1,300 万画素カメラ(裏面照射型 CMOS、F/2.0・28mm レンズ)、2,400mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0(apt-x対応)、DLNA、NFC などに対応しています。Desire 626 は、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載した LTE 対応スマートフォン。OS は Android 5.1(Lollipop)と搭載。ホーム画面は HTC BlinkFeed が設定されています。筐体は Desire EYE のようなカラフルなデザインを採用しており、前面には BoomSound ステレオスピーカーを搭載しています。また、Desire 626 は Desire シリーズで珍しく DotView ケースも用意されています。このほか、1GB RAM、16GB ROM(Micro SD 最大 128GB)、背面に 1,300 万画素(BSI、F2.2・28mm レンズ、フル HD 撮影対応)、前面に 500 万画素(BSI、34mm レンズ)、2,000mAh バッテリーなどを搭載し、Wi-Fi b/g/n(2.4GHz のみ)、Bluetooth v4.0(apt-x 対応)、DLNA などをサポートしています。筐体サイズは 146.9 x 70.9 x 8.19mm、質量は 140g です。Source : HTC Nippon

■関連記事
SLIK、スマートフォン・デジカメ・GoPro Hero対応のハイスペック自撮りスティック「セルフィーポッド 720 / 940 / 1350」を発表
SteamのAndroidアプリがv2.1にアップデート
ASUS Japap、薄型で890gと軽量な10.1インチのChromebook「Chromebook Flip」を国内で10月3日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP