ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【将棋】第1期叡王戦本戦進出者16名が決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月27日に第1期叡王戦九段予選の残り3局が行なわれ、第1期叡王戦本戦進出者全16名が決定した。この棋戦の優勝者は来春に予定されている第1期電王戦にて、11月に行なわれる第3回将棋電王トーナメントで優勝したコンピュータソフトとの対局が予定されている。

九段予選からは塚田泰明九段、郷田真隆王将、三浦弘行九段、先崎学九段、高橋道雄九段、森内俊之九段の6名が本戦進出。郷田王将はタイトル保持者唯一の本戦出場者となった。また、第2回電王戦に出場した塚田九段、三浦九段の両名も勝ち残った。

八段予選からは鈴木大介八段、山崎隆之八段、行方尚史八段の3名が本戦進出。行方八段は今期名人戦で羽生名人に挑戦した実力者だ。

七段予選からは豊島将之七段、村山慈明七段の2名が本戦進出。過去の電王戦経験者両名が本戦入りする形となった。

六段予選からは佐々木慎六段、宮田敦史六段の2名が本戦進出。電王戦を戦った菅井六段、永瀬六段、佐藤紳哉六段の本選出場はならなかった。

五段予選からは阿部光瑠五段、佐々木勇気五段の2名が本戦進出。第2回電王戦でコンピュータソフト習甦に勝利した阿部光瑠五段の活躍が期待される。

四段予選からは青嶋未来四段が本戦進出。今年4月にプロデビューしたばかりの新進気鋭の若手だが、今期順位戦でここまで全勝するなど好成績を上げ、高い勝率を誇っている。また、チェスを始めてから1年足らずで全国大会優勝したことなどでも話題を集めている。

第1期叡王戦本戦は10月中旬から11月下旬にかけて、決勝三番勝負は12月に行なわれる予定。

(※画像は第1期叡王戦トップページhttp://www.eiou.jp/より)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: tmksStyle) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP