体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『T京マンガ』座談会(5/5)「理想のマンガ学科の授業とは」

『T京マンガ』座談会

【漫画座談会について】漫画に関係するゲストを迎えながらTwitterやメールなどを活用して座談会を不定期におこなってます。前回の漫画座談会はこちらからどうぞ。(企画:深水英一郎、編集サポート:古街、ニコラシカ)

●参加者
喜多野土竜:元編集者・漫画原作者
一色登希彦:漫画家。「日本沈没」「モーティヴ」「ダービージョッキー」等
スチームトム:新人漫画家。社会人生活を続けていたが、2010年に突如仕事を辞め独立。ゼロから漫画家の道をスタートしたばかり。この座談会の進行役
タマ:漫画家志望の学生
とと:漫画家志望の学生
岡本健三郎:原作者志望の大学院生(新人賞受賞歴有、博士後期課程)


この座談会のきっかけとなった作品:
T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振るルポマンガ
http://p.booklog.jp/book/20955
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=16763692

●『T京マンガ』座談会(5/5)「理想のマンガ学科の授業とは」

質問5
どんなマンガの授業が理想ですか? もしくは、どんな授業だったら受けてみたいですか?

タマ:
理想のマンガの授業……と改めて問われると難しいです。喜多野さんが仰っていたように、プロのマンガ家になるのであれば本当に大切なのはマンガのネタづくりのための経験や体験であり、技術面に偏っていては駄目。お恥ずかしいことに私もこの学科に入る前や入学当初はそこを勘違いしていて、キャラクター描写技術や背景技術の向上ばかり気にかけていました。でもその経験や体験を大学の授業で学ばせてくれ! なんていうのは到底無理というか、そういうのは自分でやりなさいという話なわけで……。

喜多野:
そこに気づいただけでも、少なくとも大学4年間を棒に振らない可能性は高まったんじゃないかな……と思います。

スチームトム:
おお、タマさんやりましたね!

タマ:
ただ“大学”の“マンガ学科”ですから、マンガを学問的に、あるいは文化的に研究する授業はもっとあってもいいのではないかと思います。

とと:
それは私も確かに思います。せっかくの“大学”の中の“マンガ学科”なのに物足りなさがあるなと感じていたので。

喜多野:
それは、難しい課題かも。繰り返しになりますが、大学や専門学校はマンガを簡単なものだと思ってますから。自分は普通の学科の学生だったので、大学時代は呉智英氏の『現代マンガの全体像』とか別冊宝島のマンガアニメ関係特集とか、サブカル関係の本を読みまくっていましたが、それをメインカルチャーの場である大学で教えるのは抵抗があるかもしれません。

もちろん、京都精華大学とかでは、その時に読みまくった書き手の何人かが教授や講師に招かれています。そんな方々に直接教えてもらえるんですから、その点では羨ましいと素直に思います。でも、そのレベルの教員をそろえてるところは少ないんじゃないかと思いますよ。本当にとがった見識を持っている人は、アカデミズムの場になじみにくい部分もありますから。

とと:
正直なところ、タマさんと同じで、いつも結局のところどんな授業を自分は望んでいるのだろうか、というのを悩んでしまいます。
個人的には、プロやマンガに関係したものに携わっている方達と接したりする機会が一番欲しかった部分がありました。だから、いろんな関連した業界の方のお話を聞いたり接する機会がある部分では、現状にある意味満足しているところはあります。自分に不足している技術部分をある程度補える場も与えられ、知識部分でも個人では到底無理なことを学べてはいますし。

喜多野:
大学で自分の才能を伸ばしてくれる教員にめぐり合う可能性は低くても、良き友に出会う可能性は高いわけですから。大阪芸術大学にしても、同じ時代に才能が集まって、相互に刺激し合いながら人材を輩出した側面が大きいのではないでしょうか。

ちなみに、自分の母校は早稲田のようにマスコミに強い大学ではなかったけれど、なぜか自分の同期と一個上の先輩がいたゼミから、自分も含めマンガの編集が三人出ています。また中学のクラスメートは、アニメーターですがマンガの本も何冊か出しています。トキワ荘ほどではなくても、才能があるとき・ある場所・ある時間に遍在することってよくありますから。出会いの場としての大学は、意義が大きいと思います。

とと:
利用できるところは利用、吸収し、後は自分の努力次第だと思っている段階なので、なんとも私からは言えないのが結論です……。

喜多野:
それが一番まっとうな態度じゃないでしょうか。例のマンガが非常に良い点を突いているのは、ちゃんとがんばってる南さんという人間がいて、マンガ家にはなれなかったけれど人生の進路のかじ取りは成功した友人がいて、主人公は自分は何者でもなかったと最後に気付かされたわけですから。でもそれって、実は西原理恵子先生も経験してることなんですよ。

学生時代は、六本木とかで個展を開く芸術家を俗物と蔑んで自分たちならセンス良くこうする……と、大学の仲間と夢を語っていたけれど、いざ卒業間近となって何者でもない自分に気づいた。慌てて手書きの名刺を作って、何でもやります絵も描けますと書いて、いろんな人に配りまくったそうです。でも仕事なんかもらえなかった、と。当たり前の話ですね。もっとも西原先生はそこから自分の人生を独力で切り開くわけですが。けっきょく、挫折の先に何を見つけるかではないかと思うんです。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。