体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『T京マンガ』座談会(4/5)「マンガ学科は本気な人のためになっている?」

『T京マンガ』座談会

【漫画座談会について】漫画に関係するゲストを迎えながらTwitterやメールなどを活用して座談会を不定期におこなってます。前回の漫画座談会はこちらからどうぞ。(企画:深水英一郎、編集サポート:古街、ニコラシカ)

●参加者
喜多野土竜:元編集者・漫画原作者
一色登希彦:漫画家。「日本沈没」「モーティヴ」「ダービージョッキー」等
スチームトム:新人漫画家。社会人生活を続けていたが、2010年に突如仕事を辞め独立。ゼロから漫画家の道をスタートしたばかり。この座談会の進行役
タマ:漫画家志望の学生
とと:漫画家志望の学生
岡本健三郎:原作者志望の大学院生(新人賞受賞歴有、博士後期課程)


この座談会のきっかけとなった作品:
T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振るルポマンガ
http://p.booklog.jp/book/20955
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=16763692

●『T京マンガ』座談会(4/5)「マンガ学科は本気な人のためになっている?」

質問4
マンガ学科は、本気でマンガ家を目指している人のためになっていると思いますか?

たま:
教員の何人かは、受け持っている生徒に本気でプロのマンガ家になってほしいと考え、個々に対応していると感じます。しかし学科全体で見てみるとそうは思えません。新設の学科だからという理由を差し引いても、カリキュラムの構成の粗雑さや実技面の指導力不足が目立つことは否めません。

スチームトム:
え? 個別指導があるんですか? それだけあれば、育つ環境としては十分な気がしますよ。

タマ:
学科の性質上生徒数は多くないため、空いてる時間に個人的な相談にのってくれるという感じなので、個別指導と言ってよいのかはわかりかねます(笑)。

とと:
ですね、個別指導というものではない感じがします。

喜多野:
自分が教えていた時も、やる気がある生徒は研究室までネームを持ってきていたので、できるアドバイスはしていましたよ。例のマンガにも、教授や講師に相談するシーンがありますが、あれぐらいはみんなやってくれてるということでは? 3年になればゼミもあるはずですしね。ゼミだと実質少人数の個別指導という形になりますかね。

とと:
それも個人差ですが、施設の設備に関してはマンガを描く人間にとって快適な場所であるには違いないと思います。私の場合は往復4時間かかるのでとても毎日のように充分に活用している時間がないので微妙なところではありますが。

喜多野:
マンガ学科というのは、大学からしたら美味しい部分があると思いますよ。これが映像学科とかなら、それなりの機材や設備投資が必要になりますけども、マンガ学科だと必要な備品はライトボックスとか製図用具とか少ないですから。工業学科とかあると流用できる設備や備品も多いはずです。今ならまだマンガ学科を開設している大学の数も少ないですし、マンガ家志望者はけっこう多いですから、比較的生徒も集まるはず。生徒の方も、専門学校より大学のほうが高尚っぽいと思うのかな?

スチームトム:
あ、でも機材費は学費として徴収されますけどね。

喜多野:
思うんですが、芸術系の大学って、学費が高いですよね? 入学時最小限納入金額で調べると、慶応大学の法学部とか文学部でも85万円前後です。ところが都内の私立美術大学だと、90万から110万円ぐらいがザラ。早稲田や慶応より高い学費を払って、そのリターンがどの程度かと考えると、生徒にはもっと必死になってほしいなぁと思います。自分が親なら、せめて教職とか図書館司書とか取れる資格はできるだけとっておいて欲しいところです。

とと:
ただ、現時点で指導に関してはためになっているとはあまり思えません。新設されたばかりといっても、やる気がある人間が日ごとにやる気なくしていくような教員とカリキュラムから作られる“空気”みたいなものを感じます。

喜多野:
マンガなんて簡単なもんだから、有名なマンガ家と、あとはマンガ研究家とかで何冊か本を出してる人間をそろえておけば、生徒が自動的に育って、簡単にデビューして、大学の宣伝になるぐらいに考えていそうですね。でも、そこがまず間違っていると思いますよ。

マンガ家でもアシスタントを育てた実績があるマンガ家は、非常に偏りますからね。その育てたアシスタントというのも、基本的に編集部に投稿した作品の中で最終選考に残るレベルの人間。最初から素材が違う。100本の投稿作があったら、最終選考に残る10人ですよね。ところが大学にくるのは、一次選考や二次選考で落とされる人間ばかりですから。

マンガ家でさえも明確にアシスタントを育てるメソッドを持ってる人は一握りなのに、適当に教員とカリキュラムそろえても生徒が育つはずがないです。自分は編集時代の10年間に20人ほどのデビューに関わっていますが、そのためには100人以上の投稿者に声をかけて、プロットを見てネームをたたいて、試行錯誤しながらノウハウを蓄積していきました。それでもなお、育てるメソッド確立は難しいです。

岡本:
自分はマンガ学科に所属したことがないのでよく分からないのですが、きっとためになっていると信じたいところです。自分は妹とコンビで高校時代から投稿を繰り返していましたが、コマ割りやデッサン等の知識は一切なく、見様見真似でした。そういった基本的な技術が学べることは本来望ましいことだと思うのですが。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。