体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『T京マンガ』座談会(2/5)「マンガ学科の授業は本当につまらない?」

『T京マンガ』座談会

【漫画座談会について】漫画に関係するゲストを迎えながらTwitterやメールなどを活用して座談会を不定期におこなってます。前回の漫画座談会はこちらからどうぞ。

●参加者
喜多野土竜:元編集者・漫画原作者
一色登希彦:漫画家。「日本沈没」「モーティヴ」「ダービージョッキー」等
スチームトム:新人漫画家。社会人生活を続けていたが、2010年に突如仕事を辞め独立。ゼロから漫画家の道をスタートしたばかり。この座談会の進行役
タマ:漫画家志望の学生
とと:漫画家志望の学生
岡本健三郎:原作者志望の大学院生(新人賞受賞歴有、博士後期課程)


この座談会のきっかけとなった作品:
T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振るルポマンガ
http://p.booklog.jp/book/20955
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=16763692

●『T京マンガ』座談会(2/5)「マンガ学科の授業は本当につまらない?」

質問2
授業がつまらないというようなことが描いてありましたが、そのあたりについても何か詳しいお話をお聞かせいただけますか?

タマ:
一番メインの授業となる制作演習がつまらなかったというか……自分の身になる知識や技術がついた実感もなく、途中からはいかに労せず授業をこなし単位を取得できるか考えていました。
受講して有意義だと思えた授業もありましたが、その数が少ないのが悲しい話です。

スチームトム:
大阪芸術大学もそんなようなもんでした。単位を取るために代返のオンパレードですよね。10の声色で代返してくれる先輩がいたり……(笑)。
でも、さすがに小池一夫先生や中島貞夫監督の授業は受ける側の熱が違いましたね。

喜多野:
それはやっぱり小池一夫先生や中島貞夫監督だと、知名度と実績が違いますからね。自分だって学生時代、そのお二方の講義だったら偽学生になってでも聞きたかったでしょうね。タマさん、個人的に有意義になった講義について、差し支えなければお聞きしたいです。たぶん、この記事を読むマンガ家志望の方達にも、指標というか参考になるかもしれないので。

●有意義だと感じた授業とは

タマ:
一番興味深かったのはネームの分析授業ですね。今まで無意識に描いていたコマ割りなどを理論的に見ていく、ということはしたことがなかったので。

喜多野:
なるほど。学生って絵が描ければマンガは事足りると思っているので、ネームの言葉を磨いたり、構成とか演出を客観的に分析すると、目からウロコが落ちる人は多いでしょうね。

とと:
メインの制作演習は、本当にマンガを描いてる人間にとってはごく当たり前なところから始まって、多少なりしっかりした原稿を描いてる人間にとってはとても拍子抜けするような退屈な内容だったと思います。私は志の違いをここで痛感しました。

喜多野:
マンガには、一般の人が考えるよりはるかに多くの技術と知識が必要なんですが、作風によってその必要とされるモノがぜんぜん違うんですよね。西原理恵子先生のようなタイプに必要なのは最低限の作画技術であって、後は優れた感性で切り取るための素材が重要。それは東南アジアでゴミ回収をして生計を立てる村を訪れたり、出家してみたりとか、結婚や出産といった経験ですよね。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。