ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

110年の歴史を持つ「映画」に強いエンターテイメントビジネスサイトの日本語版『Variety Japan』オープン予告(ガジェ通日誌 深水英一郎)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
VarietyJapan

110年の歴史を持つ米『Variety』の日本語版を9月28日にオープンします

『ガジェット通信』の東京産業新聞社と『Variety』誌を発行するペンスキー・メディアが提携し、『Variety Japan(ヴァラエティ・ジャパン)』という日本語のエンターテイメントニュースサイトをオープンすることになりましたのでお知らせです。英語サイト『Variety』の記事を翻訳掲載するとともに、日本オリジナルの取材記事を掲載します。

新しいサイトのスタートは、2015年9月28日(月)からとなります。

※東京産業新聞社は未来検索ブラジル社の100%子会社です

米『Variety』で発表された記事はこちら。

Variety Japan Launches Online Via Penske Media Partnership(英語)
http://variety.com/2015/biz/asia/variety-japan-penske-media-1201593408/ [リンク]

Variety Japan

「映画」に強いエンターテイメントビジネス情報の総合発信メディア

ガジェット通信ではこれまでも映画をはじめとしたエンターテイメントに関するインタビュー、レビューなどに力をいれてきて、多くの記事をお届けしてきました。

今後はそれに加え米国からの生のエンターテイメント情報を『Variety Japan』でお届けできるようになります。なによりリアルタイムにそれができるのがすごく嬉しいです。

米『Variety』誌は1905年創刊のメディアです。なんと110年間にわたって映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどの業界を強力にサポートしてきたという歴史があります。特に映画業界では世界的にみても一定の権威あるメディアして知られています。

今回の提携で、日本語版の『Variety Japan』が新たにスタートとすることとなります。『Variety Japan』ではまず英語版の記事が日本語に翻訳掲載され、最新の米国エンターテイメントに関する記事を日本語で読むことができます。

そしてさらに、日本の映画やテレビなどエンターテイメント業界で活躍している方のインタビューや、邦画レビューや日本のエンタテイメントコンテンツの紹介など日本語版のオリジナルの記事が掲載されます。もちろん、洋画に対する日本での反応なども取材していきたいと考えています。

日本語版のオリジナルコンテンツの制作・取材・執筆については既に長年の経験とノウハウがある、ガジェット通信編集部と連携した体制をつくります。

わたしたちはこれまでもエンターテイメントに関する取材を多くおこなってきましたが、今回の提携により、さらに厚みのある充実した情報発信ができることとなります。
『Variety Japan』のオープン日である9月28日が今からとても楽しみです。

『Variety Japan』(ヴァラエティ・ジャパン)
http://variety.co.jp/ [リンク]
※2015年9月28日オープンです

エンターテイメントに関するさまざまな新しい情報を募集します

『Variety Japan』がスタートするまで、情報提供や取材依頼、企画提案など各種お問い合わせはガジェット通信編集部までお願いします。その際、ガジェット通信に関するお問い合わせか、ヴァラエティ・ジャパンに関するお問い合わせなのか、わかるような形で連絡いただければ嬉しいです。

情報提供・お問い合わせフォーム
http://getnews.jp/mail

『Variety Japan』スタッフ紹介

『Variety Japan』オープンに向けて準備中のスタッフを紹介します

Editor-in-Chief
平沢 真一
西村 博之
※編集長2名体制です。

Operations Manager
衛藤 香織

Senior Editorial Manager
宮原 俊介

Senior Editor
竹中 直純
中村 梢
深水 英一郎
森 大二郎
吉田 達希

Editor
松山 郁

Editor/Designer
レイナス

Engineer
ボブ

翻訳ライターのみなさん

プレスリリース

以下、メディア・関係者向けに配信したプレスリリースです
http://getnews.jp/archives/1147333 [リンク]

ガジェット通信を発行する東京産業新聞社からのプレスリリースです。
2015年9月16日

■タイトル
1905年創刊エンタテインメントビジネス総合誌の日本語版『Variety Japan』開始の発表
――『ガジェット通信』の東京産業新聞社と『Variety』誌を発行するペンスキー・メディアが提携

■本文
『ガジェット通信』の東京産業新聞社と『Variety』誌を発行するペンスキー・メディアが提携し、日本語版『Variety Japan(ヴァラエティ・ジャパン)』(http://variety.co.jp/)をウェブサイトで開始することを発表します。

米『Variety』誌は、1905年創刊の歴史あるメディアです。映画業界の情報やTV、デジタルコンテンツなどエンタテインメントビジネスの総合誌であり、ハリウッドの影響力の大きい業界人やハリウッドスターにも多く読まれています。ここでしか見ることができない写真なども多く、特に映画業界では世界的にみても一定の権威があるメディアとして知られています。今回の提携により、日本語版の『Variety Japan』が新たにスタートし、英語版の記事が翻訳掲載されるとともに、日本語版の記事も翻訳され英語版のサイトに掲載されていくこととなります。

今回新たにオープンする日本語版は『ガジェット通信』でウェブメディア運営のノウハウを持つ東京産業新聞社が担当します。日本語版『Variety Japan』のオープンは2015年9月28日を予定しています。

・ペンスキー・メディア ポール・ウールノフ上級副社長・国際ビジネス担当役員のコメント
「我々は日本語版の開始が楽しみでしかたありません。『Variety』だけではなくPMCが所有する財産を外国語化するきっかけになればと考えています。日本語版は『Variety』をグローバルブランドにするための大切な一歩です」

・株式会社東京産業新聞社代表取締役社長 深水英一郎のコメント
「日本でのガジェット通信の認知度とわたしたちの持つノウハウをブースターにして『Variety Japan』を成功させたいと思います。わくわくするようなコラボレーションだと思います」

・『Variety Japan』Editor in Chief 平沢真一のコメント
「創刊110年。歴史と権威あるメディアの日本版です。ハリウッドやニューヨークを始めとする世界のエンタテインメント業界の動きを分かりやすくご提供することで、日本の映画、ドラマ関係者とファンの皆様のお役に立ちたいと願います」

・『Variety Japan』Editor in Chief 西村博之のコメント
「ハリウッドという世界的にも注目されている映画産業で、長年の貢献をしているVarietyグループの一員として、お手伝いできることを光栄に思っております」

【関連リンク】
Variety Japan:http://variety.co.jp/
ペンスキー・メディア: http://pmc.com/
東京産業新聞社 :http://tokyosangyo.jp/
(東京産業新聞社は、未来検索ブラジル社の100%子会社です http://razil.jp/

【本リリースに関する連絡先】
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-16-1宮坂甲斐路ビル5F
東京産業新聞社 メディア部
お問い合わせフォーム:http://getnews.jp/tokyosangyo-mailform

引き続き、ガジェット通信をよろしくお願いします。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。