ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今、日本で一番気になる焼肉屋を調査してみた @『焼肉はせ川』小田急相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今、この日本で一番注目されている”焼肉屋”と言えば、爆発事故でプチブームが来た相模原にある『焼肉はせ川』(完全予約制)ですね。

と、言う訳で今回は誰もが気になる『焼肉はせ川』のキニナルを紹介してみようと思います。

国産高級和牛がキニナル『焼肉はせ川』

焼肉屋さんを評価する時に、その肉の”品質、味、価格(ボリューム”は必ず評価対象になります。

そのどれもがブッちぎりなのが『焼肉はせ川』なのです。

焼肉で名店と呼ばれる店は多くありますが、やはりメディアで紹介されている有名店は、確かに美味しいけれども、決して安い店ばかりではありません。

まして”国産高級和牛”を有名店で食べようものなら、一人五千円以内で収まる事は希でしょう。

しかし!

この小田急相模原駅(オダサガ)が誇る『焼肉はせ川』なら、一人五千円以内で”国産高級和牛”を堪能する事が出来ます。

ちなみに写真は全てが”一人前”で御座います。

この写真の肉が高くても”1580円”なので、四人でパーティーを組んだ場合、肉にかける予算は一人当たり”二千円チョイ”で済む訳です。

全てのメニューがキニナル『焼肉はせ川』

そして基本の”肉”も凄いのですが、この『焼肉はせ川』はサイドメニューの数々が非常に気になります。

謎のネーミング、謎の価格、謎の品揃え……。

本当にココは焼肉屋なのか、小一時間は問い詰めたい衝動に駆られます。

しかし!

ココからが真の『焼肉はせ川』ワールドなのです。このメニューの数々が気になった瞬間、貴方はもうコチラの世界に来てしまったと言っても過言ではありません。

『Kシェイク』が超キニナル『焼肉はせ川』

何度も訪れている筆者ですが、未だに『焼肉はせ川』のメニューは気になり過ぎます。

『Kシェイク』(400円)

とか壁に貼られてたら、もう気になって仕方ありません。常に『自家製ジンジャーエール』でスタートする筆者ですが、こんなので攻めて来られたら受けて立つしかありません。

「KシェイクのKとは?」

”高麗人参”の事でしたか……。その発想は無かった的な何かです。

一見、ただのシェイクと”芋虫”に見えますが、実は高麗人参が入ったシェイクで御座います。

生クリームも入っていて、かなりデザートドリンクの要素が高いのですが、何気に”高麗人参”の風味が後からくる謎ドリンクです。

キニナルお味の方ですが、シェイクとしては抜群に美味しいのですが、焼肉のお供として相応しいかどうかは、貴方次第ですと言っておきましょう。

あと、飲んだら健康になった気分に浸れるので、アラフォー世代にはオススメです。

『ポテトサラダ』が100円でキニナル

筆者の愛する『ポテトサラダ』はいつでも100円!

箸休めとして抜群の働きをするポティトゥですが、茶碗サイズの器に盛られているので、そこそこボリュームがあります。

逆に、周りの人達に味見させても、自分の分はきっちり確保出来るので、このくらいの量が丁度良いですね。

ちなみに『焼肉はせ川』の料理は全てが手作り。この『ポテトサラダ』も抜群の美味しさで御座います。

『ブラジリアンソーセージ』(150円)がキニナル

ソーセージ好きなら是非とも食べて欲しいのが、コチラの『ブラジリアンソーセージ』です。

色々な形で姿を現す『ブラジリアンソーセージ』ですが、今回はフランクフルトスタイルで攻めて来ました。

どこら辺がブラジルなのかスゲーキニナルのですが、あえて聞きませんでした。

世の中には知らなくて良い事もあるし、真実を知らないからこそ、人は夢を見続ける事が出来るのです。

『馬のにぎり寿司』がキニナル

相模原の”米軍施設爆発事故”に便乗し、盛大な飯テロを行った筆者ですが、その時の凶器がコチラです。

『馬のにぎり寿司』(1500円)

このビジュアルはヤヴァイですね。こんなのを見せられたら食べたくなるに決まっています。

ちなみに今回は寿司で言う”がり”の部分が”馬刺し”では無く、なんとマグロでした。

確かにこの日は”マグロ丼”的なのもあったので、それをアピールして来たと言う事でしょうか?

『松茸』がキニナル

そして、いよいよ夏も終わりと言う事でしょうか? この『焼肉はせ川』にも『松茸』の季節がやってまいりました。

「ハセラーは松茸の訪れで秋を感じる」

そしてキニナルお値段ですが、これも微妙に難しい……。

「1箱1700円、1000円、500円、300円」

この四択で御座います。まず”1箱”は非常に嫌な予感がするので、ココは手頃な”1000円”をチョイスしてみました。

まだまだ国産の松茸は出回っていないので、今はカナダ産の松茸らしいです。

結果、この写真の松茸(1000円)ですが何か?

世間一般の松茸とのギャップを、脳内で補完する作業が大変ですが、確かに香りは松茸です。

「とりあえずデカくね?」

ソッチ方向のボリュームで来ましたか……数では無く質と言うかデカい方で来ましたね……。

そして、この巨大な松茸アルミホイルを使って、バターで焼くそうです。

結果、あまりに巨大過ぎて火が通るのに時間が掛かったので、途中でアルミホイルで包んで”ホイル焼き”にした次第で御座います。

いや、始めからソレが正解な気もしますねw

松茸をバターで軽く炒めて、全体的にバターをまわしたら、アルミホイルを閉じて蒸し焼きにして下さい。

心配される味の方ですが、何気に美味しかったです。

バターの風味と松茸は相性が良く、国産の松茸にバターはもったいない感がMAXですが、カナダ産ならバター推奨で御座います。そこへ醤油を垂らすと最高に美味しくなります。

とりあえず焼肉の合間に、ちょっとした”松茸気分”を味わえたのですから、頼んで良かったですね。

ホイルを開封した時のバターと松茸の香りは、是非とも体験すべき案件でしょう。

『オーシャンクラムジュースラーメン』

っていうか、気になると言うレベルじゃなく、正体を知るまで夜も寝れないレベルです。

そのネーミングセンスもアレですが、この『焼肉はせ川』のラーメンは美味しいので、新作ラーメンと言われたら食べるしかありません。

結果、いつもの姿で登場です。

丼のギリギリまで攻めて来るので、スープがこぼれないように、鍋に入れられて登場するのが『焼肉はせ川』のスタイルです。

しかも、今回も”替え玉×2”で御座います。

この”自動替え玉システム”には賛否が分かれる所ですが、コレを受けて立つだけの度量が求められるのも、食べる側の使命と言ったところでしょうか?

ちなみに肝心の”お味”の方ですが、大量の”クラム”(あさり)を使った美味しい塩ラーメンです。

かなりシンプルなスープですが、とにかく”クラム”の濃度が高く、実に力強いスープになっています。

筆者は最近、ラーメンでも”シェルラー”(貝出汁ラーメン)に注目していますが、まさか焼肉屋で食べる事になるとは思っていませんでした。

この美味しい『オーシャンクラムジュースラーメン』が700円! しかもこのボリュームなのですから恐るべしです。

『本日のカレー』(700円)がキニナル

ポテトサラダからラーメンに至るまで、一切の手抜きなしの『焼肉はせ川』ですが、実はカレーも超ヤヴァイです。

本格的にスパイスを炒めて作るので、そこら辺のカレー屋よりも美味しかったりします。

確かに他のサイドメニューに比べて、ネーミングのインパクトは無いのですが、その美味しさを知っている筆者的には、いつも食べたいメニューのひとつです。

「焼肉はせ川のカレーはブレない!」

結果、この写真で御座います……。

いつもこんな感じの”グラフィック”ばかりで麻痺していますが、こんなカレーが700円で食べられますか?

よしんば本格的なカレー屋さんに行って”マハラニコース”とかグレードの高いラインを攻めれば、食べられるかもですが、ココは焼肉屋ですからね。

ライスは5種類! ナンっぽい”パロタ” も4種類!! カレーのルーに至っては7種類!!!

ほとんどカレーパーティーで御座います。

キニナルお味の方ですが、この圧倒的なボリュームのカレーが、あっと言う間に無くなる程の盛況ぶり…

それ以上でも以下でもありません。

すでに肉をたらふく食べ、ラーメンもガッツリ食べたのに、カレーが止まらないってどんだけですか?

(注 写真で一人前分の量、つまり700円です)

『パピンス』(450円)が鬼キニナル

かなり本格的にスパイスを駆使したカレーを食べて、胃と食欲を刺激された筆者達は、最後のデザートをオーダーします。

この熱気を抑えるには、やはりアイス系がベストでしょうか?

と、言う訳で本邦初公開となる『パピンス』で御座います。

まず、この『パピンス』なるメニューのなんたるかを知らない筆者は、前々から気にはなっていたのですが、なかなかタイミングが訪れませんでした。

しかし!

今回は全員が”アイスな気分”で統一されたので、ついにオーダーする瞬間が来たのです。

結果、こんな感じで御座いますw

「チャンピオントロフィーか!」

筆者がググった『パピンス』と若干の違和感があるような、ないような雰囲気ですが、これが『焼肉はせ川』の様式美とも言えます。

「常に予想の斜め前」

今回は頑張って色々と食べたので、店主からのトロフィー的な要素もありますが、このボリュームはヤヴァイですね。

頂点に君臨するワッフル、サイドにはイチゴ、マスカット、バナナ、チョコケーキなどの豪華な顔ぶれが揃います。

そして”ビビンバ”の石焼き容器に”ずっしり”と詰まったアイス、その上に盛られたアイス、さらに個々のパーツを接着する為のアイス、とにかくアイスがどんどん重なってタワー的な何かです。

ちなみにキニナル”お味”はデザートとして最高に美味しいですね。

しかし、この日は混んでいて店内の熱気も”七輪の熱気”も半端なく、あまりゆっくり味わうとタワーが崩壊する恐れがあります。とにかくマッハで食べるしかありません。

結果、この”アイスモンスタータワー”を攻略するのに10分も要しませんでした。

筆者も、ここまで本気でタワーを攻めたのは『ドルアーガの塔』以来で御座います。

全てがキニナル『焼肉はせ川』 総評

今回はモチベーションの高いメンツでパーティを組んだので、今までで最高とも呼べる”戦い”を繰り広げ、見事勝利する事が出来ました。

壁に貼られたメニューの数々を見れば”お察し”ですが、この『焼肉はせ川』の店主は無類の料理好きと思われます。

焼肉屋なのに朝からラーメンの仕込みをし、焼肉屋なのにカレーの仕込みをし、焼肉屋なのに十数種類のアイスをストックしています。

その熱いパッションを食べる側が、しっかりと受け止める事で成り立っている店である事を忘れてはなりません。

100円焼肉ばかりオーダーしたり、高級和牛を七輪で燃やしたり、頼んだ料理をほとんど残すなどの行為は”ハセラー”失格です。

メディアで『焼肉はせ川』を紹介する事で、心ない人達も少なからず訪れる危険性もあり、そこら辺は筆者としても悩む所です。

しかし、こうしてボリュームがある事をしっかり伝え『焼肉はせ川』がどんな店なのかを紹介する事で、予約しないで訪れたり料理を残す人が少しでも減るのであれば、デメリットばかりではないかなと思った次第です。

それでは、みなさんも是非『焼肉はせ川』の真実を、その目で確かめてみて下さい。きっと満足出来ると思いますよ。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP