体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今、日本で一番気になる焼肉屋を調査してみた @『焼肉はせ川』小田急相模原

hase9-30_R

今、この日本で一番注目されている”焼肉屋”と言えば、爆発事故でプチブームが来た相模原にある『焼肉はせ川』(完全予約制)ですね。

と、言う訳で今回は誰もが気になる『焼肉はせ川』のキニナルを紹介してみようと思います。

国産高級和牛がキニナル『焼肉はせ川』

hase9-1_R

焼肉屋さんを評価する時に、その肉の”品質、味、価格(ボリューム”は必ず評価対象になります。

そのどれもがブッちぎりなのが『焼肉はせ川』なのです。

hase9-2_R

焼肉で名店と呼ばれる店は多くありますが、やはりメディアで紹介されている有名店は、確かに美味しいけれども、決して安い店ばかりではありません。

まして”国産高級和牛”を有名店で食べようものなら、一人五千円以内で収まる事は希でしょう。

しかし!

この小田急相模原駅(オダサガ)が誇る『焼肉はせ川』なら、一人五千円以内で”国産高級和牛”を堪能する事が出来ます。

hase9-3_R

ちなみに写真は全てが”一人前”で御座います。

この写真の肉が高くても”1580円”なので、四人でパーティーを組んだ場合、肉にかける予算は一人当たり”二千円チョイ”で済む訳です。

全てのメニューがキニナル『焼肉はせ川』

hase9-33_R

そして基本の”肉”も凄いのですが、この『焼肉はせ川』はサイドメニューの数々が非常に気になります。

謎のネーミング、謎の価格、謎の品揃え……。

本当にココは焼肉屋なのか、小一時間は問い詰めたい衝動に駆られます。

しかし!

ココからが真の『焼肉はせ川』ワールドなのです。このメニューの数々が気になった瞬間、貴方はもうコチラの世界に来てしまったと言っても過言ではありません。

『Kシェイク』が超キニナル『焼肉はせ川』

hase9-6_R

何度も訪れている筆者ですが、未だに『焼肉はせ川』のメニューは気になり過ぎます。

『Kシェイク』(400円)

とか壁に貼られてたら、もう気になって仕方ありません。常に『自家製ジンジャーエール』でスタートする筆者ですが、こんなので攻めて来られたら受けて立つしかありません。

「KシェイクのKとは?」

”高麗人参”の事でしたか……。その発想は無かった的な何かです。

hase9-7_R

一見、ただのシェイクと”芋虫”に見えますが、実は高麗人参が入ったシェイクで御座います。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。