ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ究極の自家発電システム!自転車のペダルを漕いで、電子デバイスを充電しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SivaCycleAtom通勤に買い物に。毎日のように自転車に乗っているなら、ふと「自転車を漕ぐエネルギーを、電子ガジェットの充電に用いられたらいいのに……」なんて思ったことはないだろうか。

・Kickstarterで成功したプロジェクト

そんなあなたには、Aaron Latzke氏、David Delcourt氏のチームが開発した、「Siva Cycle Atom」という自転車のバッテリーがおすすめ。

2013年にクラウドファンディングKickstarterで資金集めに成功し、その翌年に市場販売化が実現した。

・自転車のペダルを漕いでデバイスの充電に

自転車のペダルを漕ぐと、そこで発生するエネルギーを集めて、デバイスの充電がおこなえるという便利なツールである。ペダルを漕いで自転車のライトを点灯させる、あの仕組みと同じような原理だ。

・自転車の後輪に設置、負荷もほぼなし

SivaCycleAtom2「Siva Cycle Atom」は自転車の後輪部分に装着する。

これはバナナ1本分程度の重さしかなく、認識できるような負荷を感じさせないので、走行の妨げにはならないという。

・500mAのエネルギーを発電

自転車が動くと、そこから発生した運動エネルギーをバッテリーのジェネレーターに集める。

およそ500mAの電力を生み出し、USBで接続して、ただちに電子デバイスの充電をおこなえる。これはコンピューターにスマートフォンをつないで充電したときと、同じくらいの充電スピードだ。

・バッテリーパックに電力を溜めておくことも可能

また、「Siva Cycle Atom」にはバッテリーパックが搭載されており、発電した電気を蓄電しておき、後ほどデバイスの充電に用いるような使い方もできる。

最大で1750mAhまで蓄えることが可能で、これはバッテリーゼロ状態のiPhone5をフル充電状態にするくらいの量だという。

・発電エネルギーを無駄なく蓄電

SivaCycleAtom3自転車を漕ぎながら、電子デバイスを充電しておき、デバイスがフル充電状態になったら、余ったエネルギーはバッテリーパック内に保存されるので、エネルギーを無駄にすることがなく、同時にデバイスの過充電を防ぐこともできるというわけ。

・水にも強い!

「Siva Cycle Atom」は耐水仕様になっているので、どんな天候のときでも使えるのも心強い点。

価格は129.99ドル、Amazonなどで販売展開中で、世界各国に配送対応可能。

Siva Cycle Atom

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。