体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オダサガの名店でメンチカツとドライカレーを贅沢に食す @『おさ』小田急相模原

osa6-men1_R

今回は筆者がイチオシの『おさ』から『メンチカツ』&『ドライカレー』を紹介してみましょう。

ちなみに『おさ』は神奈川県相模原市の”小田急相模原駅”から徒歩15分の位置にある洋食屋さんで、ハンバーグが美味しい事で極一部のマニアに超有名です。

『メンチカツ』を食す!

osa6-men4_R

今回は2本立てなので、サクっと実食に入ります。

筆者はハンバーグも好きですが、実は”メンチカツマニア”でもあります。美味しいメンチカツを求めて食べ歩き、時には自分で作ってみたりする勢いです。

osa6-men5_R

なので”メンチカツ”と呼ぶか”ミンチカツ”と呼ぶかで悩むのですが、関東では一般的にメンチカツと呼ぶし、省略した時に

「ミンチだと挽肉と間違える可能性の是非」

があるので、ココはメンチカツで統一しましょう。

と、言う訳でマニア的に『おさ』のメンチカツも食べない訳には、まいりません。

『おさ』のメンチは牛肉メンチカツである!

osa6-men5_R

メンチカツは基本的には「豚挽肉&玉葱」で構成されたタネを衣を付けて揚げたモノを指します。

しかし店によっては「牛肉&玉葱」で作る場合もあります。

『おさ』のメンチカツは、ほぼ「牛肉100%」と思われ、恐らく店で出しているハンバーグのパテと、同じモノを使って「メンチカツ」を作っている様です。

確かに仕込みの手間を考えると、別々に仕込むよりもハンバーグのパテを使った方がベターかもしれません。

レアでも食べられるメンチカツ

osa6-men7_R

牛肉100%の「メンチカツ」ならば、写真のような「レア状態」でも食べられます。

これは、なんとも贅沢なメンチカツですね。

普通は安い豚肉に大量の玉葱を入れ、さらにパン粉で繋いで増量したりするのですが、この『おさ』のメンチカツは本気過ぎます。

なにせハンバーグで定評のある『おさ』の、ハンバーグと同じパテ(タネ)を使ったメンチカツなので、その味は間違いありません。

osa6-men8_R

若干、特別に味付けを濃くしている訳ではないので、やや”薄味”な気がしますが、筆者はもともと”薄味派”なので、この方が好きですね。

そもそもメンチカツは「ソース必須!」な食べ物とも言えるので、逆にこのくらいの方が良いと思います。

2015年は『ドライカレー』が来る!

osa6-men3_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。