体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1GB単位で利用できるデータ通信SIM『b-mobile Fair』を『Galaxy S』に挿してテザリングしてみた

1GB単位で利用できるデータ通信SIM『b-mobile Fair』を『Galaxy S』に挿してテザリングしてみた

日本通信は4月15日、下り最大7.2Mbps、上り最大5.4MbpsのNTTドコモの3G回線を1GB単位で利用できるデータ通信専用SIM『b-mobile Fair』を発売しました。有効期限4か月で1GBを利用できるSIM本体を9800円(税込み)で販売し、その後はオンラインチャージにより1GBを8350円(税込み)で買い足していく製品です。単体で販売するSIMカードは、SIMロックフリーの端末に使うものだとばかり思っていた筆者ですが、実際に製品を使ってみると、思った以上に使い道がありそう。Androidスマートフォン『GALAXY S SC-02B』と組み合わせて使ってみたので、レビューをお届けします。

・どんな端末で使えるの?
まず、この『b-mobile Fair』がどういった端末で使えるのか、整理しておきましょう。

・SIMロックフリーで販売しているスマートフォンやタブレット
・日本通信が販売するAndroidスマートフォン『IDEOS』
・日本通信が販売するAndroidタブレット『Light Tab』
・NTTドコモが販売する一部のAndroidスマートフォン
・一部のデータ通信デバイス
・一部の無線WAN内蔵PC
・一部の携帯電話

動作確認済みの端末は、日本通信が情報を公開しています。
http://www.bmobile.ne.jp/fair/devices.html

動作確認端末一覧(日本通信)

ここで注目したのが、ドコモが販売するスマートフォン。『Xperia SO-01B』『Xperia arc SO-01C』『GALAXY S SC-02B』が動作確認済み端末として挙げられています。ドコモは当然、SIMロックをかけた状態で端末を販売していますが、海外市場向けのグローバルモデルであるこれら端末は、同じドコモ回線を使用する『b-mobile Fair』が利用できるのです。

そこで、編集部にある『GALAXY S』に『b-mobile Fair』を挿して使ってみることにしました。ちなみにドコモが4月以降に発売するスマートフォンでは、SIMロックの解除が可能になるので、対応端末の幅はさらに広がることになります。

・速い回線が使えるSIMカード
『GALAXY S』での開通作業に入る前に、『b-mobile Fair』の特徴をおさらいしておきます。同製品は、下り最大7.1Mbps、上り最大5.4MbpsのNTTドコモの3G回線が利用可能。同社は同じドコモ『FOMA』ネットワークを、上りと下りでベストエフォート300kbpsの速度で利用できる『b-mobileSIM U300』を販売していますが、1か月/6か月/1年の利用期間で使い放題になる『U300』に対して、『b-mobile Fair』は1GB分のデータ通信を4か月の有効期限で購入するという料金形態。

料金の説明スライド。日本通信の発表会で

速い回線が使えるメリットは分かりますが、料金はどうでしょうか。ドコモのスマートフォンで2段階定額の上限は5985円(税込み)。これにISP料金の315円(税込み)を加えた6300円(税込み)がドコモの上限月額料金になります。『b-mobile Fair』では初回のSIM本体購入時に1GBが利用できて9800円(税込み)、以降は1GBを買い足すのに8350円(税込み)の料金がかかります。これをベースに計算した6300円分のデータ量は754MB。1か月に754MB以下の通信量で済む場合には、『b-mobile Fair』の方が得、という計算になります。

1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。