ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞクール・ジャパン!“アジの開き”のペンケースがシュールすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“アジの開き”に、こんな活用法があったなんて!

Fancyで見つけた「アジナ テイスティー フィッシュ ペンシル ケース」は、日本人ならではの発想が楽しい、魚プリントのペンケース

ひかりもの(青魚)の特徴である、つるんとした“青白い輝き”が、ポーチの素材と完璧にマッチして超リアル!

そしてケースを開けると、これまた本物かと見まごうような“干物ルック”という、最高にシュールなデザインなのだ。

「魚の匂いがするの?」「怖いけど、なぜか魅力的」など、海外からは驚きや慄きの声も寄せられているようだが、アジの干物を愛する日本人としては誇らしいくらいだ。

「アジナ テイスティー フィッシュ ペンシル ケース」は、50ドル(日本円で約6200円)。

二度見したくなるほど独創的なルックスは、会話のきっかけとしても役立ちそう!?なので、学校やオフィスでぜひ使用してみては?

Ajina Tasty fish Pencil Case
http://fancy.com/things/926203588261188676/Ajina-Tasty-Fish-Pencil-Case

ステーショナリー(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP