ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホもタブレットもスッキリ同時チャージ「Fishbone Charging Station」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホやタブレットなど、充電の必要なガジェットを持ち歩く機会の多い社会人。特にオフィス環境では、全員がそれぞれのUSBケーブルを伸ばして、ゴチャゴチャした印象になりやすい。

しかも、延長コードを使っていると、チャージパワーが思ったより低く、時間がかかることがある。

そこで、スッキリきれいで、しかも強力に同時チャージできる製品を作るために立ち上がったのが、香港のベンチャー企業Trendlift社だ。

・スッキリ収まる! 最大6.8Aでスマホを急速チャージ

Fishbone Charging Station」は、 ネーミングの通り魚の背骨のような形状のUSBチャージ・ステーション。小さめのアンドロイド携帯から、大きなタブレット端末までスッキリ収まるようになっている。

まず、コードが邪魔にならないように溝の部分に巻き取れる。そして、スマホを溝にセットし、チャージャーを「Fishbone Charging Station」の横にあるUSBポートにつなげれば、準備完了。

 「Fishbone Charging Station」は最大6.8Aの出力を、スマホの種類によって自動的に分配。コンパクトでスマートな形状ながら、スマホを急速チャージする。

・すでに出資目標を達成

すでにKickstarterで3万ドルの出資目標を大幅に超える、8万ドル以上を集めている。今年中の商品化は間違いなさそうだ。今なら35ドルで「Fishbone Charging Station」を先行予約できる。(日本への送料は8ドル)

家にもオフィスもスッキリ片付く「Fishbone Charging Station」は、日本でも発売が期待されるハイテクガジェットだ。

「Fishbone Charging Station」

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。