体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Adobe CS5.5】HTML/CSS3対応に加えモバイルアプリの書き出しが可能になった『Dreamweaver CS5.5』

【Adobe CS5.5】HTML/CSS3対応に加えモバイルアプリの書き出しが可能になった『Dreamweaver CS5.5』

アドビ システムズが本日発表したデザイン・開発向けソフトウェア製品群『Creative Suite 5.5』(以下『CS5.5』)。この記事では、ウェブ用オーサリングツール『Dreamweaver CS5.5』に関するトピックをお伝えします。

先日の記事「HTML5/CSS3やマルチスクリーンへの対応進む『Dreamweaver』最新動向を聞く」(関連記事リンクを参照)でご紹介したように、HTML5やCSS3といった新しいウェブ標準への対応が最近の『Dreamweaver』の技術的トピック。『CS5.5』では追加モジュールとして配布されていた『HTML5パック』の機能を標準で搭載したほか、同記事で予告されていたjQueryモバイルのサポート、さらに、『Dreamweaver』からHTML5ベースのアプリケーションを書き出す機能が追加されるという大きな機能追加が盛り込まれています。

変更前のデザイン 背景色を半透明に 角丸を設定 半透明と角丸の適用後

アドビが開催した製品内覧会のデモでは、まずHTML5/CSS3対応の例として、既存のサイトデザインについて半透明の背景色をrgba、角丸の効果をborder radiusと、CSS3によるデザインを適用する操作を実演。

メディアクエリー マルチスクリーンプレビュー

続いて『メディアクエリー』機能によりスマートフォン、タブレット、パソコンと異なるスクリーンサイズのデバイス向けにそれぞれ異なるCSSを設定し、Webkitで表示を再現する『ライブビュー』機能で異なるデザインをプレビューする『マルチスクリーンプレビュー』を紹介しました。これらの詳細については、関連記事「HTML5/CSS3やマルチスクリーンへの対応進む『Dreamweaver』最新動向を聞く」を参照してください。

新規ドキュメントにjQueryモバイルが追加 ページ要素をリストから挿入可能 デモで作成したデザイン

新規ドキュメントで利用できるサンプルファイルにはjQueryモバイルが追加されました。サンプルの改変やリスト、テキスト入力フォームといったページ要素の挿入により、jQueryモバイルをベースにしたモバイルページ向けデザインを進められます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。