ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry “Venice”は素のAndroidではなくカスタマイズ版を搭載? プリインストールアプリの一覧が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry “Venice” のリーク情報を投稿している Twitter の @EvLeaks が、今度は “Venie” にプリインストールされるアプリの一覧の画像を投稿しました。画像には APK ファイル名の一部が表示されており、アプリの名前から BlackBerry 独自のアプリを多数含んでいる模様です。彼が「標準の Android ではない」とツイートするくらいなので、おそらく、UI をはじめ、内容をカスタマイズした Android を搭載していると予想されます。リストの中で注目なのは、ホームアプリとみられる「BlackBerrylauncher.apk」でしょうか。過去のリーク画像には標準の Android のホームアプリが描かれていたのですが、実際には独自のホームアプリを採用していると考えられます。また、「bbHub.apk」が BlackBerry OS 10 の代表的な機能と言える「BlackBerry Hub」の Android 版と予想されます。BlackBerry Hub は通知や SNS の更新情報を一括で管理できるアプリです。BlackBerry OS 10 の場合はアプリやファームウェアのアップデート情報も通知されます。ほかにも、多数の BlackBerry アプリがプリインストールされているようです。Source : @evleaks


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z5の新たな写真、側面の電源ボタンが変わっている
Samsung、iPhoneユーザーに最新機種をレンタル提供する新サービス「Ultimate Test Drive」を米国で開始
日本のGoogle Playストアにアプリ広告が表示される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP