体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひとり暮らしの男性に“電気フライヤー”のススメ

グニャラくんのwktk運営日記

今回は末永匡さんのブログ『グニャラくんのwktk運営日記』からご寄稿いただきました。

ひとり暮らしの男性に“電気フライヤー”のススメ
ひとり暮らし関連のエントリが人気になる季節です。

30歳男子であるわたくしですが、ひとり暮らしを始める男子にものすごくオススメのアイテムがあるのです。しかし、どこのエントリを見ても、そのアイテムをオススメしていない……しからば、ワシがオススメするしかないじゃろ!

そのアイテムとは、電気フライヤーです。

EP-4694PW

TWINBIRD コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PW 『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/dp/B001GQ309K/

 EFK-A10-TJ

ZOJIRUSHI あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000C9BKP/

TWINBIRDのものは、コンパクトでリーズナブル、使いやすいフライヤーです。象印のものは、最大ワット数が1000Wと多いです。つまり、加熱が速く、温度を一定に保つ力が強いです。僕はこれをよく使っています。ブレーカーの容量が低い家の場合は、ブレーカー落ちに気をつけてください。

なぜ(電気)フライヤーを勧めるのか、どう活用すればいいのかを説明します。

フライ

●油はうまい!
「うまいは甘い」とは北大路魯山人が言ったらしい言葉ですが、油もうまいです。うまいだけではなく、よい栄養源でもあります。ティーンズ男子にとって、油がない生活はかなりキツいんじゃないでしょうか。油ものがあるだけで、男一人暮らしの食卓が華やぎます。

●ふつうの鍋での揚げ物はオススメしない!
揚げ物をする際に問題となるのは、油はねと温度調整です。

普通の鍋で調理を行う場合、激しくはねた油を必死に掃除する必要があります。油ははねるだけでなく、細かい霧状となって部屋中に充満します。家具の天板や壁紙に油がくっつき、その油にホコリがくっつきます。部屋が加速度的に汚くなるのです。

温度を一定に保つのも面倒です。温度計を持っていたとしても、その温度を保ち続けるのは困難です。ちょっとした用事で鍋の前を離れたら、あっという間に油の温度が発火点に至り、火災になる恐れがあります。コンロが原因の火災のうち、天ぷら油を使っていた割合はかなり多いそうです。

さて、揚げ物用の鍋というものがあります。

H-8561

パール金属 グルメスタッフ 鉄製 温度計付 片手 天ぷら鍋 20cm H-8561『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/dp/B0015CBD3U/

この鍋は、油はねガードと温度計をつけることによって、ふつうの鍋で起こる問題を緩和しています。しかし、あくまで緩和です。実際に紹介した揚げ物専用鍋を使ったことありますが、やっぱり油ははねたり部屋に広がったりするし、温度調整は手動で行う必要があります。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。