体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目のファッションビル 京都BALがリニューアルオープン

BALFASS-001

京都の歴史あるファッションビルの『京都BAL』(バル)が2015年8月21日に新装オープンします。注目は国内初出店の三店舗と、国内外最大級の売り場面積のテナントです。
延べ面積18500平米という広い面積であれば通常100店舗以上のテナントが入居できますが、今回は厳選した33店舗がゆったりと出店しています。 通路も広くゆったりと買い物ができる工夫がされています。

女性が「かわいい」と口に出る建物作りです

外装は「アメリカの古い建物」を意識しています。 内装は高級ホテルのような作りです。テナントが揃える商品やフードはつい女性が「かわいい」と口に出してしまいそうなセレクトです。

決してガッツリではなく、いろいろな種類を少しずつ選べる『MUJI cafe』

KYOTOBAL-024

ショーケースの中のスワンのケーキはつい「かわいい」と口に出してしまいます。『RH CAFE』

RHSWAN-001

ゆったりとした女性専用パウダールーム

4階には女性専用のゆったりとしたパウダールームがあります。約20坪の面積に広々とした化粧スペースやソファが用意されています。

アメニティは女性に人気の『ニールズヤード レメディーズ』のハンドウォッシュとローションが(取材時)

KYOTOBAL-002

照明が内蔵された鏡と、広いスペースで化粧直しができます。

POWSOFA-001

ソファでゆったりと休憩できます。

POWSOFA2-001

パウダールーム内洗面台

POWSENMEN-001

自由に使えるソファが目立ちます

各テナントには多くのソファが設置されています。 また、レストルームの出入り口付近にもソファが備えられています。 休憩用の椅子が備えられていることは多いですが、京都BALはソファでリラックスできます。

各フロアのレストルーム付近に備え付けられているソファです。

KYOTOBAL-005

窓が多い開放的な作りです

非常に窓が多く開放的な作りです。ハイファッションなビルは窓がほとんどないですが、京都BALでは自然の光を取り入れる工夫があります。多くのテナントが外からの光と人工照明を自然に組み合わせています。
この工夫がショッピングの閉塞感を和らげていると感じます。

各テナントは外との繋がりを重視しており、まるでリゾートにあるような店を演出しています。 『Ron Herman』は最上階の特長を生かして、まるでヨーロッパの島国に迷い込んだ感覚を演出しています。
エスカレーターでフロアに到着すると、屋外の庭が見え、その先には複雑に入り組んだ通路と、噴水広場や街角のちょっとした休憩スペースがあります。食事も『Ron Herman』の世界観と自然につながっている『RH Cafe』で食事を楽しめます。

Ron Hermanの入り口は出口?

RHENT-001

一旦、屋外の庭に出ます。

KYOTOBAL-035

リゾートにある明るいショップの印象です。

KYOTOBAL-033

おしゃれな雑貨店風

RHZAKKA-001

広場をイメージした噴水

RHFUNSUI-001
1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy