ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のファッションビル 京都BALがリニューアルオープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

BALFASS-001
京都の歴史あるファッションビルの『京都BAL』(バル)が2015年8月21日に新装オープンします。注目は国内初出店の三店舗と、国内外最大級の売り場面積のテナントです。
延べ面積18500平米という広い面積であれば通常100店舗以上のテナントが入居できますが、今回は厳選した33店舗がゆったりと出店しています。 通路も広くゆったりと買い物ができる工夫がされています。

女性が「かわいい」と口に出る建物作りです

外装は「アメリカの古い建物」を意識しています。 内装は高級ホテルのような作りです。テナントが揃える商品やフードはつい女性が「かわいい」と口に出してしまいそうなセレクトです。

決してガッツリではなく、いろいろな種類を少しずつ選べる『MUJI cafe』
KYOTOBAL-024

ショーケースの中のスワンのケーキはつい「かわいい」と口に出してしまいます。『RH CAFE』
RHSWAN-001

ゆったりとした女性専用パウダールーム

4階には女性専用のゆったりとしたパウダールームがあります。約20坪の面積に広々とした化粧スペースやソファが用意されています。

アメニティは女性に人気の『ニールズヤード レメディーズ』のハンドウォッシュとローションが(取材時)
KYOTOBAL-002

照明が内蔵された鏡と、広いスペースで化粧直しができます。
POWSOFA-001

ソファでゆったりと休憩できます。
POWSOFA2-001

パウダールーム内洗面台
POWSENMEN-001

自由に使えるソファが目立ちます

各テナントには多くのソファが設置されています。 また、レストルームの出入り口付近にもソファが備えられています。 休憩用の椅子が備えられていることは多いですが、京都BALはソファでリラックスできます。

各フロアのレストルーム付近に備え付けられているソファです。
KYOTOBAL-005

窓が多い開放的な作りです

非常に窓が多く開放的な作りです。ハイファッションなビルは窓がほとんどないですが、京都BALでは自然の光を取り入れる工夫があります。多くのテナントが外からの光と人工照明を自然に組み合わせています。
この工夫がショッピングの閉塞感を和らげていると感じます。

各テナントは外との繋がりを重視しており、まるでリゾートにあるような店を演出しています。 『Ron Herman』は最上階の特長を生かして、まるでヨーロッパの島国に迷い込んだ感覚を演出しています。
エスカレーターでフロアに到着すると、屋外の庭が見え、その先には複雑に入り組んだ通路と、噴水広場や街角のちょっとした休憩スペースがあります。食事も『Ron Herman』の世界観と自然につながっている『RH Cafe』で食事を楽しめます。

Ron Hermanの入り口は出口?
RHENT-001

一旦、屋外の庭に出ます。
KYOTOBAL-035

リゾートにある明るいショップの印象です。
KYOTOBAL-033

おしゃれな雑貨店風
RHZAKKA-001

広場をイメージした噴水
RHFUNSUI-001

庭と室内をつなぐドア
KYOTOBAL-036

南国の住宅にある寝室をイメージ
KYOTOBAL-041

食器類
RHSHOW-001

フリーマーケット風の雑貨販売
KYOTOBAL-039

カジュアルなスポーツウェア
KYOTOBAL-044
KYOTOBAL-043

オールドスクールなデジタルガジェットと文具
KYOTOBAL-042

『RH Cafe』
RHSHOW-001
KYOTOBAL-046
RHSHOW-001

キッズコーナー
KYOTOBAL-050

南国リゾートのアクセサリーショップ
KYOTOBAL-049

『無印良品』は窓の手前に商品をディスプレイしています。 また、展示もゆったり目です。
KYOTOBAL-061
KYOTOBAL-063

『TODAY’S SPECIAL』は単調な生活にちょっとしたプラスアルファを手軽に追加することができる店です。 安心できる商品が提供されており、手軽に少しづつ手作りを追加できます。
KYOTOBAL-011
KYOTOBAL-012
KYOTOBAL-009

『Cafe & Meal MUJI』ではテラス席が用意されています。開放的な場所で食事を楽しめます。
KYOTOBAL-023

KYOTOBAL-025

もともと、ゆったりしている『THE CONRAN SHOP』は京都BALではより広い場所で展示されています。 もちろん、窓際展示もあります。
KYOTOBAL-006

KYOTOBAL-007

KYOTOBAL-008

KYOTOBAL-010

目玉の国内初出店

京都BALでは国内初出店が三店あります。 どれも、注目されるブランドです。 『DAVID OTTO JUICE』はコールドプレスと呼ばれる、スローな方法でじっくりとジュースを抽出しています。 
通常の高速回転するミキサーとは違い、ジュースの味に必要な酵母が死なないのでおいしくジュースを楽しめます。 ニンジンのジュースも加糖や調味料を全く加えていないのに、甘く嫌味がない味です。
飲んだ感想としては、今まで飲んだ中で一番のジュースです。 この後に飲んだどんなに美味しいジュースも残念な味に感じてしまう力が『DAVID OTTO JUICE』にはあります。
残念ながら抽出方法は完全な企業秘密とのことです。
KYOTOBAL-014

ハワイの島々からこだわりのコーヒーを集めた『Hawaiian Islands Coffee』はコナコーヒーをおいしく楽しめます。 コナコーヒーというとハワイ土産の定番品ですが、正しい淹れ方を知らない人が多いです。
ここでは、「フレンチプレス」と呼ばれる方法でコーヒーを抽出します。 ペーパードリップと比べ油などのコーヒーの成分すべてが抽出されるので、おいしいコーヒーが楽しめます。
KYOTOBAL-019

コーヒーの表面に油が浮いているのはフレンチプレスによる抽出の証拠
KYOTOBAL-021

『古都品』は地元京都発のオーガニック化粧品です。 単純に安全だけではなく、京都のお茶を使った遊び心も取り入れられています。和をテーマにしたテーブルに置かれたテスター(試供品)で試すことができます。
KYOTOBAL-015
KYOTOBAL-016
KYOTOBAL-017
KYOTOBAL-018

小説『檸檬』の舞台『丸善京都本店』が復活

明治40年に京都で営業が始まった丸善は、10年前に閉店しましたが、京都BALのリニューアルとともに復活です。 和書100万冊に加え、洋書も7万冊の品ぞろえです。 文具も多く販売されています。
男性もここなら十分にショッピングを楽しめるのでは思います。 京都の丸善というと『梶井基次郎』の短編小説『檸檬』の舞台になった場所です。オープニングキャンペーンでは店内に檸檬(レモン)にちなんだ商品が置かれています。
KYOTOBAL-029
KYOTOBAL-030
KYOTOBAL-031
KYOTOBAL-032
KYOTOBAL-027
KYOTOBAL-028

ゆったりとリゾートでプレミアムなものを体験して購入するという考えができます。 あと、自然とエレベータを使わないショッピングを楽しめると思います。 目的の店に到着する過程も楽しめてしまいます。
ショッピングだけではない非日常を手軽に楽しめるのではと感じています。

京都BAL 公式Webサイト
http://www.bal-bldg.com/ [リンク]

アクセス
京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251
阪急 河原町駅 京阪 三条駅 市バス 四条河原町

動画埋め込み – YouTube
http://youtu.be/rtH69Z0Pd

店内写真集

『Rachel Ashwell Shabby Chic Couture』(家族と友人と過ごす自宅を演出するアイテム)
KYOTOBAL-076
KYOTOBAL-075
KYOTOBAL-079
KYOTOBAL-078
KYOTOBAL-077

『Neal’s Yard Remedies』(オーガニックコスメ)
KYOTOBAL-074
KYOTOBAL-073

『Tomorrow Land』(ファッション)
KYOTOBAL-070

『Margaret Howell』(ファッション)
KYOTOBAL-071

『TODAY’S SPECIAL』(キッチン、裁縫などDIY)
KYOTOBAL-067

『ESTNATION』(ファッション)
KYOTOBAL-068

『American RAG CIE』(ファッション)
KYOTOBAL-069

『CONRAN SHOP』(家具、雑貨)
KYOTOBAL-064
KYOTOBAL-065

『ASPESI』(ファッション)
KYOTOBAL-060

『JIL SANDER NAVY』(ファッション)
KYOTOBAL-058

『HELMUT LANG』(ファッション)
KYOTOBAL-059

『無印良品』デニムソファー、ジーンズなど
KYOTOBAL-054

レストルームのプレート(男性、女性、多目的トイレ)
KYOTOBAL-055

『Theory』(ファッション)
KYOTOBAL-056

『DIANE VON FURSTENBERG』(ファッション)
KYOTOBAL-057

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。