ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Watchと高級時計が1つに!米国からゴージャスでユニークな腕時計が誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチの代表、Apple Watchと、伝統的なクロノメーターによる高級腕時計。

その2つを合体させた、ユニークな腕時計が、アメリカから登場した。

・ブレスレットで2種類の時計を結合

カリフォルニアのデザイナープロジェクト、Nico Gerardが発表したのは、スイス製高級クロノメーターを使った、Apple Watch付きの腕時計「PINNACLE(ピナクル)」。来年9月の出荷に向けて、プレオーダーを開始したところだ。

2種類の時計を結ぶのは、同社製品の象徴とも言える、流麗なシングルブレスレット。

このブレスレットの表側にクロノメーター、裏側にApple Watchが組み込まれている。

クロノメーターの時計部のケースサイズは41mm、高さ10.3mmと、かなりゴツめで存在感もあり。いかにもスマート然としたApple Watchとは、対照的なルックスだ。

・最高額11万2千ドル!ロレックス並みの値段が話題

さらに驚くべきは、その価格。シリーズ中、一番安い物で9300ドル(約116万円)。

最高級ランクのSunrise PINNACLEでは、11万2千ドル(約1400万円)が提示されている。

Nico Gerard社自体は、創業間もないスタートアップ企業。

新参の企業が、伝統を重んじる高級腕時計市場に、どこまで受け入れられるか、そのあたりにも注目が集まっているようだ。

宝飾品に等しい高級腕時計と、まだまだガジェット的位置にあるスマートウォッチ。一見相容れない2つの製品の架け橋になれるか、今後の動向をチェックしていきたい。

PINNACLE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP