体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広くわかりあえる疎開論とは

ガジェ通
西條剛央さん

※この原稿は西條剛央氏よりご寄稿いただいたものです。
※記事中のすべてのURLについてはガジェット通信本サイトにてまとめてリンクつきでご紹介しております。配信先でご覧の方でリンククリックで対象サイトへジャンプしたいという方は、ガジェット通信本サイトをおたずねください。

●広くわかりあえる疎開論とは
早稲田大学大学院専任講師 西條剛央

疎開をした方がよいとか,留まるべきだとかいろいろな意見があるので整理してみたいと思います。

まず内田樹さんが「疎開のすすめ」を書いています。
http://getnews.jp/archives/105250

これは基本的に主被災地の人を対象に書かれたものと考えた方がよいでしょう(ないとは思いますが東京の人(1000万人以上)が何割という単位で動いたらそれこそ大変なことになります)。

主被災地の人がずっとそこに居続けることは,現地の限られたマンパワーや資源を考えると得策ではない。移動できるひとは適切な場所に移動した方がよいということでしょう。

特に宮城,福島,岩手,茨城といった主被災地の中でも被害の大きかった地域は,今後も余震などが起こる可能性も比較的高いことを考えても移動できる人は移動しておくというのはよいと。

余震や原発といった物理的な危険だけみれば大丈夫というボーダーラインのエリアも,「心」を中心にみれば,心労やストレスは想像以上に蓄積されており,また遠方にいる家族もかなり心配していると思われることから, 気軽に安心できるところに旅行だと思って移動して心身の疲れをとればよいと思います。

落ち着いた頃にまた帰ってくればよいだけのことなのだから,これは疎開というより,心の療養やリフレッシュのため旅行だとでも思って移動したらよいでしょう。

他方で,ホリエモンはTwitterで東京は安全なのだから疎開するのは杞憂野郎だとか,帰ってくるなとかいっていました。

彼は確かに言い過ぎのところがありますが,口が悪いが気骨のある田舎の親父としてみれば,その真意を汲みやすくなります。

彼は東京が経済の要なのだから,復興のためにもそこで働いている人は働くべきだと言いたいのだと思います。東京の社会人はがんばろうぜと鼓舞することが,経済人としての彼の役割だと思っているのかもしれません(実際,今回の震災において終始一貫してぶれることなく「東京は安全だ」と強調し続けた彼の果たした役割は相当大きなものだと思います)。

僕も現時点で基本的には東京は安全だと思っているので,社会人はいつも通り働くのが復興への貢献になると思っています。

ただ,ホリエモンは地震については「いつでも起きる可能性がある」といっていますが,これはふだんより起きる確率は確実に高いため,東京にも相応のリスクはあると考えるのは妥当だと思います。

今は落ち着いてきていますが静岡震度6が起きたときは,東海と連動したかと思い,僕もいよいよ東京もくるかもしれないと思いました。

そうならなかったのは結果論であって,こういう状況で確かなことをいうことは誰にもできないのです。

1 2 3 4 5次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会