体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

質問があればスマホを振れ! スマホやPCから『家庭教師のトライ』講師の映像授業が無料受講できる『Try IT』を体験してみた

質問があればスマホを振れ! スマホやPCから『家庭教師のトライ』講師の映像授業が無料受講できる『Try IT』を体験してみた

『家庭教師のトライ』で知られるトライグループは、スマートフォンやパソコン(PC)から講師の映像授業を無料でオンデマンド受講できるサービス『Try IT』を7月21日に開始しました。中学3年分の授業が受け放題で、受講者の年齢制限もないので社会人でも受講が可能。実際に授業を受けてみたのでレビューをお届けします。

中学3年間の4教科6科目がだれでも無料で受講可能

tryit2

『Try IT』は、PCのブラウザやiOS/Android用スマートフォンアプリから映像授業を無料で受講できるサービス。プレスリリースによると、「塾がない」「家庭教師が派遣できない」といった地域による教育格差、所得による教育格差の解消がねらいとのことですが、無料で大丈夫なのでしょうか?

『Try IT』では、授業を受講して分からない点があった場合、1回500円で質問できる『添削指導サービス』が利用できます。質問は映像授業に関するものだけでなく、写真をアップロードして学校や塾のテキスト、参考書について質問することも可能。塾や家庭教師のように決まった時間ではなく、好きな時間に授業を受けて先生に質問できるのが特徴です。

tryit3

受講できるのは、中学3年間分の英語・数学・理科・社会(地理・歴史・公民)の4教科6科目。受講には年齢制限がないので、小学生が中学の教科を勉強することも、社会人が改めて勉強し直すこともできてしまいます。実際の受講の流れを見ていきましょう。

保護者と生徒を登録

tryit4

『Try IT』を利用するには、まず保護者がユーザー登録した後、実際に受講する生徒を登録します。社会人の場合は、保護者と生徒が同じユーザーとして登録することも可能。

tryit5

保護者用のダッシュボードからクレジットカード情報を登録すると『添削指導サービス』が利用可能になるのですが、利用額には上限を設定することもできます。

tryit6

生徒は、保護者に登録してもらったIDとパスワードでPCサイトやアプリからログインして受講が可能。アプリのダウンロードURLは以下の通り。

【iOS(iPhone)】の場合 https://itunes.apple.com/jp/app/id1010558258?mt=8
【Android】の場合 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.trygroup.tryit.student

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。