体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広くわかりあうための原発論とは?:賛成派と反対派の壁を越えて

西條剛央のブログ:構造構成主義

※この原稿は西條剛央氏よりご寄稿いただいたものです。
※記事中のすべてのURLについてはガジェット通信本サイトにてまとめてリンクつきでご紹介しております。配信先でご覧の方でリンククリックで対象サイトへジャンプしたいという方は、ガジェット通信本サイトをおたずねください。

●広くわかりあうための原発論とは?:賛成派と反対派の壁を越えて
早稲田大学大学院商学研究科専任講師 西條剛央

「原発とんでもないことになってしまった…」と1億何千万人もの日本人が思っているはずです。

今や世界中で “NO MORE FUKUSHIMA! ” が叫ばれています。

原発推進派と原発反対派は長年対立してきたわけですが,3.11.以後原発に関する議論は活発になることでしょう。

ただし,これは「どちらが正しいか」という問い方をしている限り,信念対立に足をとられて前に進むことが難しくなってしまいます。

こういう厄介な問題を乗り越えるために「社会構想の方法」があります(『持続可能な社会をどう構想するか:構造構成主義研究4』の鼎談参照。期間限定で無料ダウンロード可能です→http://p.tl/VSjm)。

ここではそれに沿って原発問題をどのように考えていけばよいのかスケッチしてみたいと思います。

いまもって時々刻々と原発を巡る状況は変化しています。したがって放射能汚染そのものについて確固たることは誰にもいえないのが現状です。

しかし,確実に言えることもあります。

今回誰の目にも明らかになったことは,「絶対に安全などということはない」ということです。

「絶対に○○ということはいえない」という命題は,哲学的にはもはや「常識」といっても過言ではないほど一般的な命題です。

今回はそのことが多くの人にとって実感をもって確信されてしまったのです。

これは「想定外のことは常に起こりうる」と言い換えることもできます。

ここから導かれる帰結は,壊れても大丈夫なものを作らなければいけない,ということです。

原発推進派の人は「原発があっても問題が生じないようにすればよい」と考えるかもしれませんが,必ず想定外のことが起きるのですから,壊れたときに甚大過ぎる被害が生じてしまうものは作ってはダメだということです。

内田樹さんが先日の養老先生との対談で,「今起きていることは問題ではなく答えなのだ」という養老先生の発言が最も印象に残ったといったことをおっしゃっていましたが,これはそういうことなのだと僕は勝手に理解しています。

「持続可能な社会を構想する方法」を簡単にいえば,「人類は幸せを担保したまま持続可能な社会の実現」という目的に照らして,有効な方法を採用するというものです。

その目的に照らせば,原発は「幸せを担保したまま」というところに抵触します。

放射能で汚染された土地で幸せに暮らせる人はいないためです。

そのため,原発は極めて危険ということに関してはおそらく共通了解が得られるところだと思います。少なくとも日本でこれ以上原発を増やした方がよいという議論が力を持つとは考えにくいです。

難しいのは,今すぐに安全性を確保するために他の原発もすべて停止すべきかどうかという問題です。

この場合,原発を止めることのデメリットも考える必要があります。

復興の下支えになる経済発展という点でさらに不利になる,ということもありますが,「幸せを担保したまま」という観点からみても問題があるのです。

仏保健省によれば,2003年の猛暑による死者は8月1日から20日までの期間で1万4802人に達しました。この期間,死者全体の数は,例年同期の平均に比べて60%,特に75歳以上の高齢者は70%増加したそうです。

ある程度冷房を抑えることには意味がありますが,節電を強調するあまり震災の二次被害になっては元も子もありません。そうした事態は避ける必要があります。

信念対立が起きるとき,それぞれの関心の所在を見定めていくことが有効です(これは構造構成主義の関心相関性という原理の応用です)。

「原発は止めない方がよい」という人は,「原発停止による経済の停滞を起こさないこと」に関心があるはずです。

経済の発展は震災復興を下支えするものになります。また先に触れたように無理な節電によって二次被害が生じても本末転倒です。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。