ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジャッシュ渡部建さんも絶賛! 予約が2年1か月待ちのそば会席 駒込“玉江”に行ってきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人気で予約がなかなか取れず、取れても半年待ち……というお店はこれまで何軒か行ったことがあります。今回、ラッキーなことにお誘いを受け行くことのできた駒込にある“玉江”さんは、そば会席のお店で一日一組限定。一時はなんと予約が4年待ちだったという伝説のお店であります。現在は、予約すれば2年1か月先になるとのこと。

お店は駒込駅から歩いて数分、閑静な住宅街にあります。中は、お蕎麦屋さんというより、キレイな家の食卓という感じ。

ご年配の優しそうなご主人からお品書きが一人ひとりに渡され、それぞれに名前が入っておりました。

御献立

一 焼みそ
ニ そばサラダ
三 焙炉(板わかめ)
四 そばクレープ
五 半そば
六 鴨の南蛮漬け
七 そば法度
八 そば掻き揚げ
九 なすのそばみそ掛け
十 せいろそば
十一 デザート

という感じ。


最初に出てくるのは焼みそ。

赤い新芽の入ったそばサラダと続きます。

焙炉というのは上の部分が引き出し、下の部分に電球が入っている四角い箱で、”ほいろ”と読むそうです。

引き出しには板わかめが入っていて、見事パリパリになっておりました。

そばクレープ。

そば粉だけで作られたクレープに肉味噌や野菜などを包んでいだだきます。

メニューも半ばですがメインのせいろそばはまだまだ先。そこで出てきたのは早そば。

そば切りを待てないくらいのせっかちな人のため(?)そばがきと細切り大根、刻み海苔を混ぜたもの。

あっさりとしたメニューの中、お次は鴨の南蛮漬け。肉! そば粉をまぶしてあるという鴨肉とネギ、美味い!!

お次は“そば法度”なる料理。そばが禁止されていた時代に、「細く切ってないからそばではない」といって食べていたというシロモノだそうです。

そば掻き揚げは外がカリっと中がモチっとの食感。

なすの蕎麦味噌掛けの後にせいろそば登場! 薬味はネギと辛味大根で。塩で食べるのもオススメとのこと。〆のデザートも美味しかったです。

ちなみに、あのアンジャッシュの渡部建さんも最近訪れていたようで、7月7日にブログにアップなさってました。

アンジャッシュ 渡部建オフィシャルブログ「アンジャッシュ 渡部建のわたべ歩き」
http://ameblo.jp/watabearuki/entry-12045963695.html[リンク]

お料理はコースで5500円。別途飲み物代になります。約3時間、皆でワイワイやりながら大変楽しい時間を過ごしました。予約で2年1か月先になりますが、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょう。

※画像が全部見れない方はコチラ
http://getnews.jp/archives/1044583

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP