ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、11Kで2,250ppiのスマートフォンディスプレイの開発に着手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が 11K という今の 4K や 8K を大幅に上回る解像度のスマートフォン用ディスプレイの開発をスタートさせたと韓国メディアの ETNess が伝えました。これは、Samsung Display 社のエクゼクティブディレクター Chu Hye Yong 氏が明らかにしたことだと伝えられており、同サイトによると、11K パネルの画素密度は 2,250ppi にもなるそうです。今のスマートフォンディスプレイの画素密度は 600ppi 程度が最高クラスなので、同一サイズだと約 3.75 倍も画質が向上することになります。11K ディスプレイは行政機関が主導する EnDK プロジェクトの一環で、まずは、2018 年に平昌で開催される予定の冬季オリンピックでそのプロトタイプを公開することを目標に開発が進められているそうです。まだ製品化のめどは立っていない模様です。11K にもなると画像の細部を鮮明に表現できることから、もしこの解像度を実現できたとすれば、画面の表示はナチュラルな 3D で見えるとのことです。Source : ETNews


(juggly.cn)記事関連リンク
向きに関係なく装着できるリバーシブルなMicro USBケーブル「Micro Flip」がKickStarterに登場
米国でASUS ZenPadの販売が開始、ZenPad S 8.0は$199
Huawei製Nexusスマートフォンに関する新情報

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP