体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1日3食コンビニ飯で栄養バランスとれるの? 管理栄養士が検証してみた

 1日3食コンビニ飯で栄養バランスとれるの? 管理栄養士が検証してみた

1日3食コンビニ飯で栄養バランスとれるの?
毎日忙しく働いている社会人の皆さん、突然ですがコンビニ飯は好きですか?

コンビニ飯といえば、「体に悪い」「太る」「不健康」というイメージを抱いている人も多いですよね。確かにレジ横の揚げ物やカップ麺、1000kcal超えのお弁当ばかり選んでいると、栄養バランスが偏り、生活習慣病の原因にもなりかねません。

しかし、その便利さと手軽さから「コンビニ飯抜きの生活なんて絶対無理!!」という方も多いはず。

そこでコンビニ飯でも栄養バランスがとれるよう、管理栄養士の資格を持つ筆者が健康的なコンビニ飯の選び方と組み合わせを過去にもご紹介しました。

関連記事

新社会人必見! 管理栄養士がオススメする健康的なコンビニ飯の選び方
栄養足りてる? 忙しい社会人必見の健康的なコンビニ飯の組み合わせ

今回はその集大成ということで、「1日3食コンビニ飯でも栄養バランスはとれるのか?」というテーマのもと健康的な食品の組み合わせを実践!

実際にコンビニで商品を購入し、1日の栄養バランスを検証してみました。

健康的なコンビニ飯の組み合わせを選んでみた!

今回は、20代前半女性、身長・体重ともに平均的で、デスクワークのおかげで普段あまり運動しないという想定で商品を選びました。

利用したのは、会社の近くにある大手コンビニ3社。朝食をセブンイレブン、昼食をローソン、夕食をファミリーマートと分けて買ってきました。比較的どのコンビニでも扱っている商品を選んでいます。

※商品のエネルギーおよび価格(税込)の情報は、購入時点のものです。

朝食(セブンイレブン)

朝食は手軽にパッと食べられるサンドイッチを選びました。たまごやカツ、ポテトサラダなど単一の具が入った商品も多く展開されていますが、なるべく野菜が種類豊富に入っているものを選びましょう。

温かいスープは体を暖め、代謝を上げるので、目を覚ますのに効果的です! カップスープはだいたいのコンビニで取り扱っているので、忙しい時にもぴったりです。

ヨーグルトなどの乳製品はカルシウムの補給源となります。また、朝にヨーグルトを食べることで排便を促すので、便秘解消も期待できます!

合計:485kcal/603円

昼食(ローソン)

昼食は、ご飯を主食としたメニューにしてみました。コンビニのおにぎりは種類が豊富なのが魅力ですが、マヨネーズで和えたものなどは、脂質が高くなりがちなので注意が必要。今回は、眼精疲労回復を助けると、疲労回復に効果的なクエン酸を含むを選びました。

「おにぎりを2つも食べるの?」と思う方もいるかもしれませんが、脳や体を働かせるエネルギー源となるのは炭水化物に含まれる糖質です。午後からの仕事の活力を得るためにも、糖質制限などの特別な事情が無い限りは、きちんと炭水化物を摂りましょう。

白和えは、原料に豆腐を使っているので消化吸収がよく、大豆の栄養を手軽にとることができます。ひじきが入ったものはカルシウムや鉄などのミネラルも多く含まれているので、ストレスや睡眠不足が気になる社会人の皆さんにはぜひ摂っていただきたいです。

多くの人が摂取不足になりがちな海草は、肌荒れや便秘に悩む女性にうれしい栄養素・ミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。選んだ海藻サラダは、大きめのサイズですが、29kcalと低カロリーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。