体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オートバイ買取業者が繰り返し不法侵入する件

hanzai2_R

以前にも駐輪場のバイクに「貴方のオートバイ5万円で買い取りします」とか言うチラシを貼られて発狂した筆者ですが、またまた発狂する事態が発生しました。

なんと、以前クレームの電話で

「二度と淵野辺のマンションの敷地には侵入しない」

と約束したにも関わらず、また同じ「オートバイ買取業者」が勝手に侵入し、勝手に査定し、勝手にチラシを貼って行きました。

前回は「5万円」だったのに、今回は「10万円」で御座います。

年式的には安くなりそうなモノですが、何故か2倍になっている不思議…

いや。

話の論点はソコじゃないです。

「二度と敷地に侵入するな!」

と警告したにも関わらず、再び侵入した事が大問題です。

バイクに乗っていない人にはピンと来ないかもですが、もしも貴方の車に貼られていたらどうでしょう?

もう、これは社会問題にするべき案件です。

どこからが不法侵入なのか?

不法侵入と言うよりは「刑法130条」に規定される罪で「住居侵入罪」が適用されると思います。

Wikipedia先生によると

「マンションの共用部分も邸宅に該当する」

とあるので、マンションの廊下やベランダ、駐輪場も邸宅に該当する事は間違いないと思われます。

ポストへのダイレクトメールはOK?

共用部分と言えば、マンションのロビーやポストも共用部分に当たります。

これらへの立ち入りは「住居侵入罪」になるのでしょうか?

これは判例がいくつかあり、必ずしも白黒ハッキリする訳ではないようです。

一般的にはダイレクトメールによって住人に害が及ばないのであれば、基本的には大丈夫らしいです。

筆者的には長期間の出張の時などに、勝手にポストがゴミで埋められて、本来配達されるべき郵便物の投稿に支障が出るのは、十分「不利益を被っている」と思うんですけどね。

ちなみに、あまりにヒドい場合はチラシの会社に抗議し、二度とポストに投函させないように警告する事は可能らしいです。

このようにロビーやポストなど、郵便屋さんや宅急便、ピザの配達やらで多くの人が出入りする区域に関しては、滅多に「住居侵入罪」にはならないようです。

駐輪場への出入りは合法か?

まず、その駐輪場に「部外者が出入りする必要があるか無いか?」が問題になります。

恐らく自称「オートバイ買取業者」(もしかしたらオートバイ窃盗グループの下見)は

「査定する為に駐輪場に侵入した」

と言うでしょうが、そんなもん理由になりません。

貴方が「オートバイ買取業者」であろうが、窃盗グループだろうが、呼ばれもしないのに勝手に敷地に入って物色するなど、言語道断です。

仮に、このような理屈がまかり通るならば

「リフォーム業者ですが何か?」

と言って、個人宅の敷地やマンションに自由に出入りする事が可能です。もしも捕まったら

「家の外壁リフォームの見積もりを作ってました」

と言えば大丈夫です。

下着の干してあるマンションのベランダ(共用部分)に侵入し

「べランダ修繕の見積もりを作ってました」

と言えば大丈夫です。

…そんな訳あるかボケ!!!

そもそも、依頼もされてないのに「見積もり」と称して勝手に入る事がおかしいのです。

正直、告訴したい(心の底から)

hanzai1_R

「お客様の大切なバイクに見た目だけで広告案内お許し下さい」

広告案内と言えば、何をしても許されると思っているのでしょうか?

今回もブチ切れです。

もはや「クレームの電話&警告」だけでは収まりません。

と、言う訳で筆者も今回は警察に「被害届」を出そうと思ったのですが、どうやら「被害届」を受理しても、必ず捜査するとは限らないらしいのです。

いや、無断で敷地に入った証拠のチラシを、犯人自ら残しているので、そこは捜査も何も必要ないとは思うのですが…

なので、ヤルなら「告訴」がベターらしいです。

「告訴」となると筆者に何らかの不利益や被害が必要ですが…

「以前、自宅の駐輪場からバイクを盗まれた事が2回あり、このような訳の分からない輩が駐輪場に出入りしていると思うと、不安で不安で夜も眠れず、夜中に少しの物音がしても目覚めるようになってしまいました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。