ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うちのが1番!「我が家のカレー」レシピで五月病を防ごう

うちのが1番!「我が家のカレー」レシピで五月病を防ごう(写真: iStock / thinkstockn)

「カレーが鬱に効く」とネットで話題になっていたが、一言でカレーと言っても、家庭によってこれほど違う料理もないだろう。例えば、肉は鶏か豚か? それともシーフード? 野菜は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもが定番と言いながらも、じゃがいもを入れるか入れないかは意見が分かれるようだ。まずは、ネットで見つけた「我が家のカレー」のこだわり

定番といえば、にんじん・じゃがいも・玉ねぎと、肉の好みは分かれ、野菜については細かいこだわりがあるよう。「特ににんじんを鬼のように入れる」
「玉ねぎ、にんじんはみじん切り。じゃがいもはコロコロに切る」
「アスパラ、麩も入れる。とりわけ麩は味がしみておいしい」

さらに、こんな隠し味な“我が家カレーレシピ”も見られた。「セージと、多めのカルダモンとクミン、ナツメグ、シナモン、ガラムマサラもそれなりに」
「隠し味は、トマト、バナナ、焼き肉のタレ、ソース、ガラムマサラ」
「分厚くスライスしたトマトをオリーブ油で良く焼いて、クレイジーソルトで軽く味付けしたもの上にのせる」

スパイスにまでこだわるとは、本格的!カレーのトッピングは千差万別

トッピングの好みは、代々受け継がれる家族の影響や、美味しかったお店の影響もあるのでは? ということで、さまざまな意見をカテゴライズしてみた。

●お惣菜っぽいもの「カレーチェーン店のアメリカ国内店舗では餃子がトッピングできるらしい。我が家は、シュウマイがトッピング可能」

そのほか、えびフライ、コロッケ、ハンバーグ、ミートボール、ねぎま串など焼き鳥、えびの天ぷら、ウインナー、とんかつ、スティック状のイカフライなどもあった。

●野菜類は何でもあり?「なす、オクラ、ピーマン、アスパラ、ブロッコリーなどの素揚げ。見た目も鮮やか」
「いろんな野菜を素揚げしたり、ゆでたり、蒸したりして各自好みでトッピング」
「素揚げしたニンニクをコロコロ入れる。ただし、休みの前日に限る」
「もやしとかキャベツとか野菜炒め。味つけなしで」
「大量のほうれん草を入れてチーズかけるのが好き」

そのほかは、ねぎの小口切り、トマトの角切り、刻んだ大葉、キャベツのせん切り、オクラ、コーンなど。

●じゃがいもは一緒に煮こむのが定番かと思いきや、いろいろな添え方が!「フライドポテトをカレーにのせるの最高!」
「ローストポテトをトッピング」
「食べる直前にふかしたジャガイモをトッピングするのがデフォ」

なるほど、どんなかたちでもカレーとじゃがいもは仲良くなれるようだ。

●卵はさすが人気上位。トッピング方法は千差万別「食べる直前に生卵落とす」
「ご飯の上に薄焼き卵を敷いてからカレーかける」
「生卵を混ぜ混ぜして『のりたま』をかけて食べる」
「オムレツ・目玉焼き・ゆで卵のどれかをのせる」

さらに、卵とあわせてチーズや納豆をトッピングする人が多いようだ。かける系&のせる系。あんなものからこんなものまで

さらにトッピングでネットからピックアップすると、想像以上のものが! まずは“かける系”をまとめてみると、頷けるものから驚いちゃうものまで。

●かける系
粉チーズ&ソース、オイスターソース、めんつゆ、マヨネーズ、ラー油、お酢、ガーリックパウダー&溶けるスライスチーズ&マヨネーズ

次に“のせる系”、これまた多種多様な楽しみ方が分かった。

●のせる系
納豆、豆腐、ポテトチップス、味つけのり、アーモンド入りプロセスチーズ、レーズン、わかめ、らっきょうと福神漬け、高菜や大根の葉・白菜・ほうれんそうなど葉っぱ類の漬け物

何を入れてもかけてものせても自由、それがカレーということか。五月病も防いでくれそうなので、いつものカレーにマンネリを感じていたら、ぜひほかのご家庭カレーも試してみてほしい。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/05/09/83371/

【住まいに関する関連記事】
一人暮らしの節約術! 冷凍食材の保存・調理をマスターしよう
風邪予防におすすめ! 自宅でつくれる健康レシピ3選 
お団子の代わりに? 十五夜には月見バーガーをつくってみよう
愛犬がストレスフリーで梅雨を過ごせるように心がけたいこと

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy