ディズニーのゲーム記事を書くときの注意点

access_time create folderガジェ通

ディズニーには多くのキャラクターがいて、子どもから大人まで、幅広い層の人々を楽しませてくれる。そんなディズニーの世界はアニメーションだけでなく、ゲームの世界でも楽しむことができる。特にミッキーマウスが登場するゲームは人気で、毎年新作が発売されるほどである。だが、ゲーム雑誌でディズニーゲームの記事を書く際に、とても注意しなくてはならないことがあるという。

たとえばミッキーマウスが主人公のアクションゲーム。ミッキーマウスの行方を阻むモンスターたちをハンマーで殴って攻撃しながらミッキーマウスが突き進む! なんて書いたらNG! ミッキーマウスは攻撃しているのではなく、あくまで懲らしめているだけなのだ。

そう、同じ行動だとしても言葉遣いひとつでイメージが変化するのである。特にミッキーマウスのような夢のあるスター的存在のキャラクターは、ネガティブなイメージが少しでもついてはいけない。そう考えると、確かに攻撃ではなく懲らしめると表現したほうがやわらかいし、改心させるための行為として受け止められる。

いまはさまざまな点において規制がおおらかになってきているため、数年前ほど厳しい規制はないかもしれないが、読み手のことを考えたとしても表現がやわらかいほうが、よりディズニーのイメージにマッチして楽しめるかもしれない。そう考えると、表現を厳しく規制しているのはキャラクターのイメージを守るためというよりも、あくまで、ディズニーを愛しているユーザーのことを考えてのことなのかもしれない。

access_time create folderガジェ通
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧