体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ウルトラ怪獣散歩』放送直前! ロケ中の星人たちを直撃インタビュー

0シーン1鎌倉駅前(C)ウルトラ怪獣散歩

2014年秋に放送され話題となった、ウルトラ怪獣がニッポン全国を街ぶらロケする新感覚お散歩バラエティ『ウルトラ怪獣散歩』。

放送後の大きな反響をうけ、今月(2015年5月)22日(金)からは月一のレギュラー番組として放送がスタートする。

しかし、本当にあの怪獣たちが地球征服そっちのけで散歩を楽しんでいるというのか。事実を探るべく、記者は直接取材を試みた。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
https://getnews.jp/archives/957686
 [リンク]

0シーン6鳩サプレー豊島屋(C)ウルトラ怪獣散歩

2015年4月のとある日。ロケ現場に登場したのは『メフィラス星人』『ケムール人』『メトロン星人』の3星人。

さっそく全員へ向かってインタビューを開始。

レギュラー昇格を喜ぶ3星人。新たな侵略拠点の下見疑惑を否定

0シーン7鶴岡八幡宮前02(C)ウルトラ怪獣散歩

Q:まずはレギュラー昇格おめでとうございます!レギュラー放送枠を獲得されたご感想は?
――これはもう素直にうれしいの一言です。自分たちのやってきたことが、地球人の心をつかみはじめたのかなと。あ、ちょっと、今のはそういうあれではないですよ。

Q:実は散歩と称して新たな侵略の拠点を下見しているということなどは?
――よく疑われるのですが、命をかけてもそんなことは今のところないです。『ウルトラ怪獣散歩』は純粋な街ブラ番組ですから!

Q:でもホントは地球人を安心させて侵略の魔の手をのばすための第一歩とか?
――いえいえ、純粋に、最近増えている街ブラ番組ブームに乗っかりたいなと。おかげさまで毎回楽しくロケさせてもらってますよ。ですから侵略だとか、そういう下心は、断じてありませんよ!今のところ(笑)

Q:レギュラー放送となったことでひっそりと企んでいることなどあればお願いします。
――とりあえずの目標はやっぱり地上波土日午後帯の散歩番組枠です。そこからゴールデン進出、年末年越し、最終的にはやはり-THE MOVIE-かなと。

むむむ。名だたる極悪3星人たちだけにもっと腹黒な答えを期待していたのだが、どうやら長い年月の間に皆さんかなり丸くなった(地球に馴染んだ!?)様子。

宿敵不在でロケではリラックスしまくり!?

0シーン5鎌倉こ寿々(C)ウルトラ怪獣散歩

多少残念な気持ちを抱えつつ、気を取り直してインタビューを続ける。

Q:前回の放送では国内のみならず海外でも話題となったようですが、何か身の回りに変化はありましたか?
――街を歩いていると「怪獣散歩見てるよ?」と声をかけられるようになりました。

Q:番組では宿敵ウルトラマンと相まみえることはないですが、そのあたりでなにか思うところは?
――彼らが出てこない分、われわれ怪獣たちは伸び伸びというか、リラックスして散歩してます。限りなくプライベートに近い感じが出ているんじゃないかと思います。

Q:近年、『ウルトラ怪獣擬人化計画』など怪獣たちが脚光を浴びるシーンが増えていますが―
――正直、実感はないですね。ただ目の前の仕事をひとつひとつ一生懸命やってきたという感じで。全然そういうのはないですね。あ、でも、擬人化は可愛いですよね。一度ゲストで来ていただきたいです。

00シーン9鎌倉葛原岡神社前(C)ウルトラ怪獣散歩

なんだろう……。悪の星人たちのはずが、とってもいい人たちになっているような……。

いや、もしかしたら各々では秘めた野望を胸に撮影や放送に臨んでいるに違いない。ということで、個別インタビューも敢行してみた。

個別インタビューでも3星人はイイヤツだった

0シーン7メフィラス星人と八幡の看板(C)ウルトラ怪獣散歩

まずは『ウルトラ怪獣散歩』のメインパーソナリティを務めるメフィラス星人へ。

Q:メインパーソナリティとしての意気込みをぜひ!
――体力が続く限り頑張りたいなと。

Q:「悪質」宇宙人としても名高いですが、やはりロケ中に悪質なことをしているのでしょうか?
――まぁ悪質宇宙人である以上、悪質的な欲求はありますが、そこは街ブラですので。人を傷つけない、気持ちの良い悪質を目指しています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。