ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【現地レポート】シャーリーズ・クリス・ジェシカにシンガポールが熱狂! 『スノーホワイト/氷の王国』アジアプレミア
  • ジョニー・デップ、“ハリウッドで最も報酬が高すぎた俳優”に選ばれる
  • 歴史を変えた女傑が陥ったあまりにもバカバカしい窮地 『アメリカでもっとも嫌われた女性』
  • 『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編で話題の“プリンセス大奥” 本編では登場していないキャラ&服装に注目か
  • 『凶悪』『冷たい熱帯魚』『殺人の追憶』……猟奇的事件をベースにした映画に傑作多し
  • 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、ポストクレジット・シーンは5つと監督が発言
  • 2015年は“園子温イヤー”でも『ラブ&ピース』だけ異色? 「園作品に泣かされるなんて……」の声
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 神谷浩史が“体作り”宣言!? 吹替を務めた映画『ハンガー・ゲーム』の魅力を語る[オタ女]
  • 元証券マンが46歳で転職! 『アイアンマン3』のCGクリエイター・マサ成田氏インタビュー「何をするのにも遅すぎることはない」
  • 【動画】ルピタ・ニョンゴ出演の映画『Queen of Katwe(原題)』、チェスの世界チャンピオンを目指す少女を描くファースト・トレーラーが公開
  • 「『ムカデ人間』は歴史的な作品になった」 シリーズ完結を祝う“ムカデ卒業式”レポート[ホラー通信]
  • 宇宙兄弟・るろ剣・ルパン……この夏は闘う男たちの映画がアツい!
  • 社会的側面により踏み込んだ続編『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』[映画レビュー]
  • 肩書きがほしい千葉雄大「中川大志の専属税理士を目指します」 映画『ReLIFE リライフ』仲良し2ショットインタビュー
  • コリン・トレヴォロウ監督、『スター・ウォーズ』エピソード9はデジタルカメラを使わずフィルム撮影する計画

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豆魚雷×Gecco。ベルセルクから“ドラゴンころし”を携えたガッツ登場!

11

1997年にTVアニメ、2012年から2013年には劇場版3部作が公開され話題となった漫画『ベルセルク』から、主人公のガッツが1/6スケールスタチューで登場する。

『ベルセルク』は1989年から『ヤングアニマル(白泉社)』誌上にて連載されているダーク・ファンタジーもので、その世界観などから北欧神話をベースにしていると言われている作品。

掲載誌が月二回刊行ということに加え、連載自体が不定期となっているため24年たった現在でも既刊は37巻。作者である三浦建太郎氏本人が完結へ向けての不安を語っていることなどから、ファンにとっては何かとやきもきさせられる作品でもある。

そんな『ベルセルク』の主人公 ガッツは、自身の背丈よりも長くて太く分厚い大刀“ドラゴンころし”を携え、親友でもあったグリフィスを倒すため旅を続ける剣士だ。

30 24

今回、豆魚雷(企画/制作協力)とGecco(企画/制作/発売)がダッグを組んだ『ベルセルク/ガッツ 1/6スケールスタチュー ロスト・チルドレンの章 黒い剣士Ver.』(完全塗装済み)は、同作の序章である「黒い剣士」から続くストーリー「断罪篇」の「ロスト・チルドレンの章」のガッツを立体化したもの。

原型を手がけたのは『HEADLONG』の赤尾 慎也氏。アマチュアの頃から『ベルセルク』のキャラクターを立体化してきただけあって、今回のガッツもかなり原作に近いものとなっている。

08 00

何より特筆すべきは“ドラゴンころし”の緻密なディティール描写だろう。その無骨さや重量感に加え、まさに今さっき魔物などの敵をなぎ倒してきた証であろう血や、それまで積み重ねられてきた赤黒いサビまで再現されている。

14 29

さらに、ヘッド部分は「睨み顔」と「嗤い顔」の2種が付属。首の後ろに刻まれた“生贄の烙印”がヘッドによって異なる描写がされているのというのも、ファンにとっては見逃せないポイントだ。

28 20 21

発売が待ち遠しい『ベルセルク/ガッツ 1/6スケールスタチュー ロスト・チルドレンの章 黒い剣士Ver.』は2015年9月発売。価格は39,800円(税込)。

本日(24日)21時から『ニコニコ生放送』で放送される、『豆魚雷のフィギュア de TALK!』(http://live.nicovideo.jp/watch/lv214648456)でも最新情報が明らかになるというので要チェックだ。

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

■参照■
・ベルセルク 公式サイト
http://www.younganimal.com/berserk/
・豆魚雷 公式サイト
https://www.mamegyorai.co.jp/net/default.aspx
・Gecco 公式サイト
http://www.gecco.co.jp/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。