各国の鉄道での通話・音量マナーを調べてみた

access_time create folderガジェ通

日本のみならず、多くの国で鉄道列車内でのケータイの使用は迷惑行為として認知されつつある。日本では、山手線や中央線などの普通列車の場合は通話をひかえ、新幹線や特急などではデッキでの通話がマナーとなっている。

しかし、中国ではまだ多くの人にマナーやモラルというものが知れ渡っていないためか、周囲の人のことを考えずにケータイ端末で大音量で動画や音楽を流したり、通話をしている人が多くいるのが現状だ。当編集部で実際に各国におもむいて調査をしたところ、以下のようなことがわかった。

日本 ……
かかってきた電話に出るものの、すぐに列車内であることを通話相手に伝え、電話を切っている人が多い。PSPやニンテンドーDSで遊んでいる人も、音量はゼロにしているか、イヤフォンを使用していた。ただし、バス内では通話をしまくっている人が多かった。

中国 ……
中国新幹線CRHではケータイ端末で動画を大音量で流している中年男性がいた。また、通話をそのまま席で続ける姿もあり、国鉄がケータイでの通話を禁止している様子もなかった。また、北京の地下鉄ではケータイの通話はもちろん、ケータイのゲームを大音量で楽しむ男性もいた。

台湾 ……
地下鉄でケータイ通話をしている人がいたものの、そのほとんどが若者で、目立って多いわけではなかった。

タイ …… 環状線ではないが、タイの山手線的存在のスカイトレインでは、ケータイで通話をしている人がそこそこいた。PSPやニンテンドーDSで遊ぶ人が多くいたものの、音量はゼロにしていた。運営側がケータイ通話を禁止している様子はなかったが、通話をしないことがマナーであることは知っているようだ。

インド ……
インドのカルカッタを走る地下鉄では、ケータイを使用している人が多くいたものの、通話をしている人は少なかった(皆無ではない)。ほとんどの人がメールにいそしんでいた。ケータイ型ゲーム機で遊んでいる人はいなかった。

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧